はじめに

遷移元素に共通する性質について一通りまとめました。入試にもよく出るものを載せたので必ず覚えておくようにしよう。


スポンサーリンク

遷移元素とは

周期表上で3〜11族の元素を遷移元素という。

遷移元素は全て金属元素であり、鉄や銅をはじめ入試や定期テストでも頻出の元素が多い。以下に書いてあることはすべて理解し、覚えるようにしよう。

遷移元素の特徴

①周期表の横隣で性質が似ている
②1つの元素が複数の酸化数をとる
③錯イオンを形成するものが多い
④イオンに色がついているものが多い
Point!

遷移元素に共通する基本的な特徴は上の4つ。それぞれ順番に説明していこう。

①周期表の横隣で性質が似ている

遷移元素は、周期表の横隣(=同周期)で性質が似たような性質を示すことが多い。

典型元素は逆に縦(=同族)で性質が似ていることが多いので、対比して聞かれることがある。

②1つの元素が複数の酸化数をとる

遷移元素は1つの元素が様々な酸化数をとることがある。

化合物 含まれるイオン 酸化数
鉄Fe Fe(OH)2 Fe2+ +2
Fe2O3 Fe3+ +3
銅Cu CuO Cu+ +1
CuSO4 Cu2+ +2

酸化数について詳しいことは【保存版】酸化数の求め方とルールを完全解説!例題・演習問題付き!を確認しよう。

③錯イオンを形成するものが多い

遷移元素は、錯イオンを形成するものが多い。

名称 化学式
ジアンミン銀(Ⅰ)イオン [Ag(NH3)2]+
ヘキサシアニド鉄(Ⅱ)酸イオン [Fe(CN)6]4-

錯イオンについて詳しいことは【錯イオン】色・配位数・形・価数・命名法を総まとめを確認しよう。

④イオンに色がついているものが多い

遷移元素のイオンや化合物は着色しているものが多い。

イオン
Cu2+ 青色
Fe2+ 淡緑色
Fe3+ 黄褐色
Ni2+ 緑色
Cr3+ 緑色
Mn2+ 淡桃色

イオンの色について詳しいことは無機化学の色まとめ(イオン/化合物(沈殿)/ハロゲンなど)を確認しよう。

関連:無機化学、まとめました。

数多くの要望にお応えし、化学のグルメオリジナル「無機化学攻略セット」を作成しました!

無機化学まとめプリント+無機化学ドリルの組み合わせで大学入試や定期テストで頻出の無機化学暗記事項を一通りマスターできるセットとなっています。詳細は【公式】無機化学攻略セットにて!


スポンサーリンク