有機化学、
まとめました。

『有機のテキストもつくって下さい!』

2018年末にリリースした理論化学ドリルシリーズ・2019年初めにリリースした無機化学攻略セットはおかげさまで大好評を頂いており、すでに多く方の手に届けることができました。

最近、理論化学ドリルシリーズ無機化学攻略セットを使った方から「有機化学のテキストもつくってほしい!」との意見が多く寄せられています。そこで今回、高校化学の有機分野を攻略するための新しいテキストを作成することになりました。

リアルな声を、
聞きました。

テキストを作成するにあたり、現役の高校生・受験生に市販の有機参考書・問題集に対する不満点を聞き取りました。

  • 『そもそも内容が難しくて理解できない』
  • 『とにかく量が多くてやる気が出ない』
  • 『テストでどこが出るのかわからない』
  • 『問題数が少なくて演習量が足りない』
  • 『反応の原理を詳しく知りたい』
  • 今回のテキストでは、このような問題点を解決し、高校生・受験生が本当に欲しい!と思える形を目指しました。

    有機化学攻略セット
    を開発!

    今回化学のグルメがリリースするのは『CHEM ZINE(有機化学ver.)+有機化学ドリル』の有機化学攻略セットです。

    有機化学は、頻出の暗記事項をきちんと覚えたのち、その知識をテストで引き出す練習を積むことが重要です。つまり、よく出るものを効率よくインプットし、それを的確に引き出せるようにすることが大切であり、そのための2アイテムを用意しました。

    まずはCHEM ZINE(有機化学ver.)からご紹介。

    網羅的かつ
    簡潔。

    掲載分野
    ◎有機化合物の基礎知識
    ◎脂肪族化合物
    ◎芳香族化合物
    ◎糖類
    ◎アミノ酸・タンパク質
    ◎油脂・セッケン
    ◎核酸
    ◎合成高分子

    一般的な有機化学参考書は、有機化学について1から10まで解説されているボリューミーなもの、さらっと要点だけをまとめていて入試対策としては不十分なもの、のどちらかであることが多いです。しかし、あまりに量が多いとやる気が削がれてしまいますし、少な過ぎるとやる意味がありません。

    そこで、化学のグルメオリジナル参考書の「CHEM ZINE(有機化学ver.)」では、大学入試で頻出の事項に絞り、その点を奥まで掘り下げて掲載しています。つまり、無駄な知識に時間を割くことなく、テストに出る部分の暗記に重点を置いた学習をすることが可能です。点を取るためにベストな量の勉強で、短期間での得点アップを目指したい方にオススメできます。

    基礎〜中堅国立大
    レベル。

    「CHEM ZINE(ケム・ジン)」は基礎的な部分は勿論、大学入試で必要とされる知識を一通り網羅した構成になっています。具体的には、酸・塩基の単元だと酸・塩基の定義から始まり、価数や電離度・強弱・中和など基礎的な内容をカバーした上で、入試頻出の逆滴定や二段滴定の計算解法まで踏み込んで解説しています。したがって、学校の定期テスト対策は勿論、多くの中堅私大・国立大対策まで十分対応できるレベルと言えます。

    CHEM ZINEサンプル(右にスライド→)

    オリジナル
    STEP形式。

    CHEM ZINE(有機化学ver.)では、計算問題の解き方などを解説する際にオリジナルのSTEP形式を採用しています。STEP形式とは計算の手順などを段階化して「この流れに従えば誰でも解ける!」といったようにマニュアル化したものです。化学の計算が苦手な高校生・受験生にとって、毎回問題をみてその場で解法を考えるというのは難しいと思います。入試頻出の問題について、STEP形式で解法を頭に入れておけば、テスト本番では問題文に書かれている数値を、既に知っているSTEPに当てはめれば解くことができるようになります。

    深部まで
    触れる。

    CHEM ZINE(有機化学ver.)では有機反応の原理を高校レベルから一歩踏み込んで解説しています。(”PLUS+”という別枠で解説しているので応用まで知りたくない人は読まなくても大丈夫な構成です)

    したがって、難関大受験生など、一歩踏み込んだ応用的な内容まで学びたい人にとっても十分満足できる構成になっています。

    丁度いい
    サイズ感。

    CHEM ZINE(有機化学ver.)は約260ページで構成されています。これは一般的な雑誌のページ数よりやや多いくらいで、紙にプリントした場合、雑誌のようにパラパラめくって見やすい絶妙なサイズになっています。

    また、各項目最初の1ページで全体を軽く解説、もしくはそれ以降のページの導入になっています。その項目に記載している学習内容がパッとわかるので、興味を持てれば読む、今はいいかなと思ったら飛ばすといった読み方も可能です。

    最高の相棒、
    ドリルを使いこなせ。

    有機化学攻略セットには、参考書のCHEM ZINE(有機化学ver.)だけではなく、有機化学ドリルも付属しています。
    有機化学ドリルに掲載されている問題は全て、CHEM ZINE(有機化学ver.)とリンクしています。CHEM ZINE(有機化学ver.)で得た知識を実際のテストで使えるレベルまで高め、定着させるのに最適な問題集です。また、ドリルをやってわからなかった部分は再びCHEM ZINE(有機化学ver.)に戻って確認すると効果はバツグンでしょう。

    有機化学ドリルサンプル(右にスライド→)

    LINE@
    でわからない問題を
    質問できます。

    有機化学攻略セット購入から1ヶ月間、CHEM ZINE(有機化学ver.)や有機化学ドリルを見る中で解説を読んでもわからなかった箇所を公式LINE@で直接質問することができます。疑問点をピンポイントで質問することができるので、より効率の良い学習に繋がります。

    ※基本的に24時間以内の対応となりますが対応している人数により遅れる場合がございます。予めご了承下さい。

    iPhoneや
    iPadで見れる。

    有機化学攻略セットはPDFデータで配信します。もちろん印刷して使うこともできますが、そのままスマートフォンやタブレットで閲覧することも可能です(PDFを読み込めるアプリが必要)。かさばることなく、外に持ち運ぶことができるので使用テキストが多い高校生・受験生に最適な形になっています。

    また、PDFに書き込みができるアプリを使って閲覧すればCHEM ZINE(有機化学ver.)に直接書き込んだり、ドリルの間違えた問題に印やミスの回数、日付などを書き込んでおくことができます。これにより繰り返し解く際も重点を置いて復習すればいい箇所がわかりやすくなります。

    教員の方にも
    オススメしています。

    高等学校において、有機化学攻略セットをご購入頂いた高校教員の方が担当生徒にCHEM ZINE(有機化学ver.)や有機化学ドリルを配布することを許可しています(高等学校の学内利用に限る)。

    ご自身で問題、解答を作成する手間が省け、その分他の業務に時間を割くことができます。また、PDFデータでのお渡しとなるので人数分のコピーを自分の手でとる必要がなくプリンターで印刷することができます。

    高校生・受験生に
    感想をもらいました。

    公開前、事前に何人かの高校生・受験生に有機化学攻略セットを利用してもらい感想を頂きました。以下抜粋して紹介。

    埼玉県 p-daoさん(高3)
    CHEM ZINEがとにかく最高でした!簡潔ですが、重要なところはきちんと網羅されていて、図もとてもキレイでわかりやすかったです!

    東京都 Y.Dさん(高1)
    私の高校は進学校なのですでに有機の勉強を始めています。有機化学は暗記量が多く不得意だったのですが、有機化学攻略セットを使ってからスラスラ解けるようになりました!テストで出る箇所がほとんどまとめられているのでそれが良かったのだと思います。

    千葉県 千春さん(浪人)
    現役時代、有機化学は一番苦手な分野でしたが、有機化学攻略セットを使ってから一気に得意になりました。ドリルを解くことで知識が一気に固まる感じがしました。本当に感謝しています!ありがとうございました!

    山形県 A.Dさん(高3)
    秋になっても有機にほとんど手をつけておらず焦っていましたが、有機化学攻略セットは内容がコンパクトにまとめられているので一気に進めることができました!参考書とドリルの相性も最高です(^^)

    東京都 S.Tさん(高2)
    北海道大志望です。CHEM ZINEには化学反応の仕組みまで補足としてきちんと書かれていたので、有機化学を深く学びたい人には最適だと思いました。出会えて良かったです!

    ※あくまで個人の感想です。

    公式ストアで
    販売中!

    有機化学攻略セット(CHEM ZINE・ドリル)は「化学のグルメ公式オンラインストア」で販売しています!

    10%OFF
    クーポン配付中!

    只今の期間、化学のグルメ公式LINE@を友達登録してくれた方にオンラインストアで使える10%OFFクーポン(セット割で割引されている商品もさらに10%OFFになります)をプレゼントしています。

    訂正箇所はこちら↓
    訂正