KIMIKA!|基礎から学ぶ高校化学

目指せ錯イオンマスター!錯イオンの「色・配位数・形・価数・命名法」まとめ!!

約 5 分
スポンサーリンク

錯イオンとは

錯イオンとは、金属の陽イオンに分子や陰イオンが配位結合することによってできたイオンのことだ。

ちなみに、錯イオンを作っている分子やイオンのことを配位子、配位子の数を配位数ということは覚えておこう。

スポンサーリンク

錯イオンの命名法

錯イオンの命名法について説明していこう。
ここでは、ジアンミン銀(Ⅰ)イオン[Ag(NH3)2+を例にする。

STEP1

錯イオンの名称の先頭には「ギリシャ文字」の数詞が書かれている。

使う数詞は、錯イオンを構成している分子やイオン、つまり配位子の数を見て判断する。

今回の場合は、配位数が「2」なのでギリシャ文字で2を表す「ジ」を使うんだね。

STEP2

次は、錯イオンの名称の中で、配位子が関わっている部分をチェックしていこう。

今回の例では、NH3が配位子のため、錯イオンの名称の中にNH3を表す「アンミン」という言葉を入れる。

また、もし配位子がOHが配位子なら「ヒドロキソ」、CNなら「シアニド」、S2O32-なら「ビス」を付けるということも知っておこう。

STEP3

次に、錯イオン中の金属イオンをチェックしよう。

錯イオンによく含まれる金属イオンは上の通り。
今回の例ではこの中の「銀(Ⅰ)イオン」が使われているね。

従って、名称にも「銀(Ⅰ)」を入れる。

STEP4

最後に、STEP1からSTEP3で得た情報を1つにまとめて錯イオンの名称を決定しよう。
上のポイントに書いたように、錯イオンの名称は「配位数+配位子名+金属+(酸)イオン」の順になる。

まずは、今回例として使っている錯イオン[Ag(NH3)2+についてSTEP1からSTEP3で得た情報をまとめてみる。

配位数:2→ジ
配位子名:NH3→アンミン
金属イオン:Ag+

これらを「配位数+配位子名+金属+(酸)イオン」の順に並べると…

ジアンミン銀(Ⅰ)イオン

これが錯イオン[Ag(NH3)2+の名称だ。

注意

錯イオンが負電荷をもつ場合、イオンの前に「酸」を付ける必要がある。

[Al(OH)4:テトラヒドロキソアルミン酸イオン
[Fe(CN)64-:ヘキサシアニド鉄(Ⅱ)酸イオン

スポンサーリンク

錯イオンの配位数と形

配位数は金属イオンによって決まっており、それによって錯イオンの形が変わってくる。

  

金属イオン 配位数
Ag+ 直線型
Zn2+ 正四面体
Cu2+ 正方形
Al3+ 正八面体
Fe2+ 正八面体
Fe3+ 正八面体

スポンサーリンク

錯イオンを含む反応式作成

ここでは例として「水酸化銅(Ⅱ)Cu(OH)2+アンモニアNH3」の反応と「水酸化アルミニウムAl(OH)3+水酸化ナトリウムNaOH」の反応を見ていこうと思う。

水酸化銅(Ⅱ)Cu(OH)2+アンモニアNH3

STEP1

金属イオンを含む化合物に配位子を組み合わせて、イオン反応式を作成する

まずは、金属イオンを含む化合物Cu(OH)2と配位子NH3を組み合わせよう。

Cu(OH)2に含まれるCu2+だけを配位子NH3と組み合わせて、OHは外によけておく。

STEP2

STEP1で作成したイオン反応式に対となるイオンを足し、化学反応式を作成する

次は、STEP1で作成したイオン反応式の中にある”対となるイオン”を組み合わせて化学反応式を作る。

スポンサーリンク

水酸化アルミニウムAl(OH)3+水酸化ナトリウムNaOH

STEP1

金属イオンを含む化合物に配位子を組み合わせて、イオン反応式を作成する

まずは、金属イオンを含む化合物Al(OH)3と配位子NaOH(の中のOH)を組み合わせよう。

STEP2

STEP1で作成したイオン反応式に対となるイオンを足し、化学反応式を作成する

次に、NaOHの内STEP1で使用しなかったNa+をイオン反応式に組み合わせる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク