【プロ講師解説】このページでは『ヨウ素デンプン反応(原理や色変化、反応式など)』について解説しています。解説は高校化学・化学基礎を扱うウェブメディア『化学のグルメ』を通じて6年間大学受験に携わるプロの化学講師が執筆します。


スポンサーリンク

ヨウ素デンプン反応の原理

ヨウ素がらせん構造に入りこむ
Point!

デンプンのアミロースやアミロペクチンにヨウ素ヨウ化カリウム溶液(ヨウ素液)を加えると、らせん構造の「環」の中にヨウ素I2分子が連続して入り込んで呈色する。この反応をヨウ素デンプン反応という。

ヨウ素デンプン反応では加熱すると色が消え、冷却すると再び呈色する。これは、加熱により水素結合が切れてらせん構造が崩れるが、冷却するとらせん構造が再び形成されるためである。

ヨウ素デンプン反応における色の違い

らせん構造の長さに注目!
Point!

ヨウ素デンプン反応の色は、I2の並ぶことのできる数、つまりらせん構造の長さに依存する。したがって、アミロースの場合は「青紫色」、らせん構造の短いアミロペクチンは「赤紫色」、さらにらせん構造の短いグリコーゲンは「(赤)褐色」を呈する。

ヨウ素液の反応式

ヨウ素ヨウ化カリウム溶液(ヨウ素液)は、ヨウ化カリウムKI水溶液にヨウ素I2を溶かしたものである。溶液中では平衡にあり、反応式は次の通りである。

\[
KI+I_{2}⇆KI_{3}\\
I^{-}+I_{2}⇆ \underbrace{I_{3}^{-}(褐色)}_{ 三ヨウ化物イオン }
\]

水に溶けにくいI2を水溶液中で反応させる際に用いる。

関連:紙の本に、なりました。

化学のグルメオンラインストアで販売していた「有機化学ドリル」が"紙の本"になりました。解答・解説編には大学入試頻出事項が網羅的にまとまっています。詳細は【公式】有機化学ドリルにて!


スポンサーリンク