はじめに

気体の溶解度は入試超頻出。固体の溶解度と合わせてしっかり理解しておこう!


スポンサーリンク

気体の溶解度

気体の溶解度は温度が高いほど、圧力が小さいほど低くなる。

ヘンリーの法則

温度が一定の時、気体の溶解度はその気体の圧力に比例する。これをヘンリーの法則という。

ヘンリーの法則は、水への溶解度が小さい(=水との反応性が小さい)気体において成り立つ。(アンモニアや塩化水素など水に溶けやすい気体には適用不可)


スポンサーリンク

気体の溶解度計算(ヘンリーの法則を使った計算)

1種類の気体を溶解させるパターン

問題

0℃で酸素の圧力を2.0×105Paにした。このとき2.0Lの水に溶ける酸素は何Lか。ただし、酸素は0℃、1.0×105Paにおいて、水1Lに4.9×10-2L溶けるものとする。

ヘンリーの法則より、気体の溶ける量は圧力に比例する。また、当然水量にも比例する。
従って、この問題は次のような式を使って解くことができる。


スポンサーリンク

2種類の気体を溶解させるパターン

問題

酸素と窒素が1:4の体積比で混合した標準状態(0℃、1.0×105Pa)の空気がある。この時、以下の問いに答えなさい。ただし、0℃、1.0×105Paのもとで1Lの水に窒素は23mL、酸素は49mL溶けるものとする。

(1)この空気と接している水2.0Lに溶解している窒素の体積(mL)を求めなさい。
(2)この空気と接している水3.0Lに溶解している酸素の物質量(mol)を求めなさい。
(3)この空気と接している水10Lに溶解している窒素と酸素の質量比(N2/O2)を求めなさい。

(1)

分圧・全圧・モル分率でやった「分圧=全圧×モル分率」の公式より、窒素の分圧は次のようになる。

従って、次のような式をたてることができる。

(2)

酸素の分圧を上と同様に求めると…

となる。
これを用いて式をたてると…

(3)

難しそうに見えるかもしれないけど以外と簡単。

分母がO2のg、分子がN2のgになるように単位を揃えて約分すれば良い。


スポンサーリンク

関連:理論化学の勉強法と参考書。

理論化学はきちんとした勉強法と参考書で勉強していけば、誰しも成果を出すことができる分野。化学のグルメでは、理論化学を学ぶ上でオススメの勉強法や参考書、問題集を多く紹介している。是非自分の勉強の方針を決める参考にしてほしい。

  • 【大学受験】理論化学のオススメ勉強法・参考書・問題集を大公開!
  • 『鎌田の理論化学の講義』超人気化学参考書の使い方をレビュー。
  • 『橋爪のゼロから劇的!にわかる 理論化学の授業』初学者にオススメの参考書の使い方をレビュー。
  • 『岡野の化学が初歩からしっかり身につく』超絶人気参考書の使い方をレビュー。
  • 『【改訂版】宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)』ニュータイプの人気参考書の使い方をレビュー。
  • 化学のグルメ「【Youtube】ショートアニメーション講義」

  • スポンサーリンク

    関連:問題集、作りました。

    化学のグルメオリジナル問題集「理論化学ドリルシリーズ」の販売を開始しました!

    モル計算や濃度計算、気体計算など多くの人が苦手とする分野の計算解法が詰まった問題集になっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


    スポンサーリンク

     

    MAIN


    SNS


    OTHER