はじめに

最近基礎固め用の参考書として定着しつつある「宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)」。今回はこの最近人気の参考書について、その魅力から具体的な使い方、併用にオススメの問題集まで1つ1つ丁寧に解説していこうと思います。宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)の購入を検討している人はもちろん、もう既に持っているよという人も是非参考にして下さい。


スポンサーリンク

本の特徴と対象

左ページに説明、右ページがすべて図解の革新的な参考書。難しい理論化学の理解を助ける図と、ハカセ&クマのかわいいイラストで化学がドンドン得意になる。別冊は問題集になっており、読むだけでなく解く力もつけられる。受験生の要望に応えて増ページ改訂!(引用:学研出版公式HP)

【改訂版】宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)を一言で表すなら「化学が嫌いな人にオススメの参考書」です。

【改訂版】宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)では、理論化学についてたくさんのイラストを用いて丁寧に解説されています。従って、化学が嫌いな人でも抵抗なく読み進めることができるため、化学拒絶症の人に最適な参考書と言えるでしょう。また、イラストが豊富というと「あまり詳しいことは書いていないんじゃないか」と考える人がいるかもしれませんが、この参考書は大学入試対策としても十分に使うことができます。イラストが豊富なのに内容はかなり本格的。まさに、ニュータイプの受験化学参考書です。


スポンサーリンク

本の構成






【改訂版】宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)は上のような構成になっています。
理論化学の各単元における重要事項がほぼ全て掲載されており、定期テスト対策・大学入試対策をする上で申し分ない網羅度であると言えるでしょう。

また、個別の解説ページは次のようになっています。


【改訂版】宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)は「見開きで1項目」の解説形式になっています。左側に文章を使った解説が、右側に図を使った解説が書かれており、両方を組み合わせて使うことで相乗効果が期待できます。また、文章による解説の上に「ここを押さえよう!」という枠でその項目の重要ポイントが示されています。これがまた便利で、そのページの内容が的確にまとめられています。


スポンサーリンク

メリット

【改訂版】宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)にはメリット・デメリットが存在します。まずはメリットの方から紹介していきましょう。

網羅性

【改訂版】宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)は非常に網羅性に優れた参考書です。特に解説が抜けていたり薄かったりする単元は見当たらず、理論化学はこれ一冊に任せればOKと言えるでしょう。

基礎中の基礎から解説

上でも述べましたが、【改訂版】宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)では、理論化学の内容が基礎中の基礎から説明されています。従って、本当に化学が嫌い・苦手な人でも抵抗なく読み進めることができるでしょう。

イラストがわかりやすい

上で説明したように、【改訂版】宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)は見開き1ページで一つの事項が説明されています。右側に書いてあるイラストは左側の説明文を簡潔かつ的確にまとめた形になっており、非常にわかりやすいです。両者を組み合わせて使うことで学習内容をより深く頭に定着させるとこができるでしょう。

気軽な気持ちで取り組める

見開きで完結する構成により、何ページも同じ単元が開設されている参考書よりも気軽に取り組むことができます。また、「今日は2単元(見開き2ページ)分やろう!」のように勉強計画が立てやすいのもいい点でしょう。

入試対策としてもOK

【改訂版】宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)は“イラストだらけ”なので一見定期テストの対策にすらならないような参考書に見えるかもしれません。しかし、実際はかなり本格的な内容になっており、大学入試対策としても十分に活用することができます。見かけに寄らず頼りになる参考書です。

デメリット

次は【改訂版】宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)のデメリットを紹介していきます。

例え話に賛否両論

【改訂版】宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)中には化学の現象を「例え話」で解説している部分が多々あります。(あくまで私の意見ですが)その例え話のクセが非常に強く、逆にわかりづらいのではと感じることがあります。特に原子核をお母さん、電子を子供と例えて電子配置〜化学結合あたりを解説していたり、電離度を赤ちゃんが泣くことを絡めて解説していたりするところが違和感が強いです。これは人によって意見が分かれることだとは思いますが、賛否両論あることは事実でしょう。

超難関大対策にはならない

【改訂版】宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)はある程度の難関大対策までは可能ですが、東京大学や京都大学、東京工業大学などの超難関大学を受ける人にはとってはやや物足りないでしょう。そういう人は「化学の新研究」を用いることをお勧めします。


スポンサーリンク

使い方

次に、【改訂版】宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)の具体的な使い方を紹介していきます。むやみに使っても効果は出づらいので、まずはこれから紹介するやり方を参考にしていただき、状況に応じて自分流の使い方を見つけていきましょう。

最初のページから読み進める

これが【改訂版】宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)のスタンダードな使い方です。
基礎から丁寧に解説されているので、化学初心者の人でも抵抗なく読み進めていけるでしょう。また、付属の演習問題では数が少ないと感じた場合は次のような問題集を併用することをお勧めします。

学校の授業でやった単元を読む

これは受験対策というよりも定期テスト対策として使う場合の方法です。学校の授業で習った単元に合わせて【改訂版】宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)も読み進めていきましょう。定期的にこのような作業を行っておけばテスト前に困ることも少なくなると思います。


スポンサーリンク

併用したい問題集

【改訂版】宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)はあくまで化学現象の解説が豊富な参考書であり、実際に大学入試で出てくる問題を解くためには問題集等でトレーニングを積む必要があります。ここからは【改訂版】宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)との併用にオススメの問題集を紹介していきます。

基礎問題精講

基礎問題精講を一言で表すなら「化学初心者に最もオススメの問題集」です。
後に詳しく説明しますが、この問題集はこんなに書くか!というほど解説が丁寧です。本当の初学者でもわかりやすいよう補助矢印のようなものがたくさん書かれています。また、「精講」という形で化学の各単元に関する基礎的な解説も書かれています。この部分がとてもわかりやすいと評判で、問題集の枠を超えて化学参考書としても非常に優秀な一冊と言えるでしょう。【改訂版】宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)との相性も抜群です。

化学の新標準演習

卜部先生の著書は「化学の新研究」「化学の新演習」が有名ですが、この2つは難関大受験用の難しい参考書です。一方、最近発売されたこの「化学の新標準演習」は基礎的な問題が多く初心者でも使いこなすことができるでしょう。【改訂版】宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)との相性も抜群です。

重要問題集

重要問題集化学問題集の王様的存在です。おそらく受験化学対策用の問題集としてはシェアNo.1で、数多くの高校生・受験生が使用しています。難しい問題も多く、難関大対策として【改訂版】宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)と併用するのにはもってこいの問題集です。

スポンサーリンク

【改訂版】宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)の代替案

【改訂版】宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)が自分に合わないため同じような参考書は他にないか、という質問はよく受けます。そういう時に毎回オススメするのは「橋爪のゼロから劇的!にわかる 理論化学の授業」と「総合的研究」です。

「橋爪のゼロから劇的!にわかる〜」は化学初心者にオススメのシリーズです。補助線や細かな説明・アドバイスが多く、あまり化学が得意でない人でもすんなりと理解できるでしょう。「橋爪のゼロから劇的!にわかる 理論化学の授業」の他に「橋爪のゼロから劇的!にわかる 無機・有機化学の授業」もあります。

総合的研究は図やポイントのまとめが豊富なため非常に見やすく使いやすいです。また、内容も大学入試対策として必要なことに絞って書かれているため(良く比較される化学の新研究と比べて)オーバーワークになりにくいでしょう。


スポンサーリンク

関連:問題集、作りました。

化学のグルメオリジナル問題集「理論化学ドリルシリーズ」の販売を開始しました!

モル計算や濃度計算、気体計算など多くの人が苦手とする分野の計算解法が詰まった問題集になっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


スポンサーリンク

 

MAIN


SNS


OTHER