はじめに

このページでは酸化還元反応の一種である燃焼反応について解説していく。大切な反応なのでぜひこの機会に理解しておこう。


スポンサーリンク

燃焼反応

紙が燃えたり木が燃えたりなど、物質が酸素と反応して熱や光を発する反応を燃焼反応という。燃焼反応は酸素O2が酸化剤として働く酸化還元反応の一種である。

酸素は非常に反応性の高い分子なので、燃焼反応が起きると、燃焼している物質の結合が切り離されて各原子と酸素O原子が結合する。その結果、燃焼反応では、反応物を構成している元素ごとに燃焼時の変化先が決まってくるので、変化先の酸化物の化学式を知ってさえいれば、燃焼の反応式は簡単に書くことができる。

\[
反応物X+O_{2}→Xの成分元素の酸化物
\]

燃焼反応による成分元素の変化先としては以下のものを覚えておこう。

\[
C→CO_{2}\\
H→H_{2}O\\
S→SO_{2}
\]

炭素C原子が燃焼した際の変化先はCO2、水素H原子が燃焼した際の変化先はH2O、硫黄S原子が燃焼した際の変化先はSO2である。

これ以降、燃焼反応を表す化学反応式の作り方について具体的な例を挙げて説明していこう。

燃焼反応の化学反応式の作り方

STEP1 反応物の化学式を書く
STEP2 CがCO2に、HがH2Oに、SがSO2に変化することを考慮して右辺の酸化物を書く
STEP3 各物質の係数を合わせる
Point!

燃焼反応の化学反応式はこの3STEPで作成する。

例)エタノールの完全燃焼

STEP1

反応物の化学式を書く

まずは反応物(今回はエタノール)の化学式を書く。

\[
C_{2}H_{5}OH
\]

STEP2

CがCO2に、HがH2Oに、SがSO2に変化することを考慮して右辺の酸化物を書く

次にCがCO2に、HがH2Oに、SがSO2に変化することを考慮して右辺の酸化物を書く。

\[
C_{2}H_{5}OH+O_{2}→CO_{2}+H_{2}O
\]

STEP3

各物質の係数を合わせる

最後に各物質の係数を合わせる。

\[
C_{2}H_{5}OH+3O_{2}→2CO_{2}+3H_{2}O
\]

係数の合わせ方がわからない場合は高校化学「化学反応式の作り方・計算問題」完全マスター講座!!を確認しよう。

関連:無機化学、まとめました。

数多くの要望にお応えし、化学のグルメオリジナル「無機化学攻略セット」を作成しました!

無機化学まとめプリント+無機化学ドリルの組み合わせで大学入試や定期テストで頻出の無機化学暗記事項を一通りマスターできるセットとなっています。詳細は【公式】無機化学攻略セットにて!


スポンサーリンク