はじめに

このページでは、活性化エネルギーと反応熱について、グラフや各種用語などを図を用いて一から丁寧に解説していく。大学入試でも頻出の分野なので必ず理解しておくようにしよう。


スポンサーリンク

活性化エネルギーと反応熱

活性化エネルギー

反応物質が反応するために必要なエネルギー

活性化状態

活性化エネルギーを得て反応途中の段階にある、非常に不安定な状態

反応熱

化学反応の進行に伴って出入りする熱(エネルギー)
Point!

活性化エネルギーと反応熱の違いについてきちんと区別できていない人は多い。ここでは、水素H2とヨウ素I2がヨウ化水素HIになる反応を例に説明していくので、必ず理解しておくようにしよう。

水素とヨウ素の反応

水素(H2)とヨウ素(I2)の反応は、以下の化学反応式で表される。

\[
H_{2}+I_{2}→2HI
\]

ただし、H2とI2を反応させても、いきなり安定なHIができるわけではない。説明していこう。

STEP1 反応物(H2・I2)に外部から活性化エネルギーが加わる
→ 活性化状態(遷移状態)になる
STEP2 活性化状態からエネルギーを放出し、生成物(HI)ができる
Point!

STEP1

まずは、反応物である水素(H2)とヨウ素(I2)に外部エネルギー(活性化エネルギー)が加わり、「活性化状態」となる。

活性化状態は、H2とI2が反応してHIになりかけてはいるけれども、エネルギー状態が高く非常に不安定である。

STEP2

活性化状態から、エネルギーを放出して安定したHIになる。

このとき、「最初のH2・I2のエネルギーと、安定したHIのエネルギーの差」を反応熱という。(図の緑の部分だね)

活性化エネルギーと反応速度

活性化エネルギー(大)→反応速度(小)
活性化エネルギー(小)→反応速度(大)
Point!

活性化エネルギーが大きい場合

活性化エネルギーエネルギーは「反応物が活性化状態になるために必要なエネルギー」だった。従って、これが大きいということは「反応物が活性化状態になるまで時間がかかる」ということになるね。すると当然、反応全体にかかる時間も長くなる。

活性化エネルギーが小さい場合

逆に、活性化エネルギーが小さいと「反応物が活性化状態になるまで時間がかかる時間が短い」ということだから、反応全体にかかる時間も短くなる。

関連:計算ドリル、作りました。

化学のグルメオリジナル計算問題集「理論化学ドリルシリーズ」を作成しました!

モル計算や濃度計算、反応速度計算など入試頻出の計算問題を一通りマスターできるシリーズとなっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


スポンサーリンク