スポンサーリンク

活性化エネルギーと反応熱

活性化エネルギーと反応熱の違いについてきちんと区別できていない人は多い。
この機会にぜひ理解しておこう。

ここでは、水素とヨウ素の反応を例に説明していく。

水素とヨウ素の反応

水素(H2)とヨウ素(I2)の反応は、以下の化学反応式で表される。

ただし、H2とI2を反応させても、いきなり安定なHIができるわけではない。
説明していこう。

STEP1

まずは、反応物である水素(H2)とヨウ素(I2)に外部エネルギー(活性化エネルギー)が加わり、「活性化状態」となる。

活性化状態は、H2とI2が反応してHIになりかけてはいるけれども、エネルギー状態が高く非常に不安定である。

STEP2

活性化状態から、エネルギーを放出して安定したHIになる。

このとき、「最初のH2・I2のエネルギーと、安定したHIのエネルギーの差」を反応熱という。(図の緑の部分だね)


スポンサーリンク

活性化エネルギーと反応速度

活性化エネルギーが大きい場合

活性化エネルギーエネルギーは「反応物が活性化状態になるために必要なエネルギー」だった。従って、これが大きいということは「反応物が活性化状態になるまで時間がかかる」ということになるね。すると当然、反応全体にかかる時間も長くなる。

活性化エネルギーが小さい場合

逆に、活性化エネルギーが小さいと「反応物が活性化状態になるまで時間がかかる時間が短い」ということだから、反応全体にかかる時間も短くなる。


スポンサーリンク

関連:理論化学の勉強法と参考書。

理論化学はきちんとした勉強法と参考書で勉強していけば、誰しも成果を出すことができる分野。化学のグルメでは、理論化学を学ぶ上でオススメの勉強法や参考書、問題集を多く紹介している。是非自分の勉強の方針を決める参考にしてほしい。

  • 【大学受験】理論化学のオススメ勉強法・参考書・問題集を大公開!
  • 『鎌田の理論化学の講義』超人気化学参考書の使い方をレビュー。
  • 『橋爪のゼロから劇的!にわかる 理論化学の授業』初学者にオススメの参考書の使い方をレビュー。
  • 『岡野の化学が初歩からしっかり身につく』超絶人気参考書の使い方をレビュー。
  • 『【改訂版】宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)』ニュータイプの人気参考書の使い方をレビュー。
  • 化学のグルメ「【Youtube】ショートアニメーション講義」

  • スポンサーリンク

    関連:問題集、作りました。

    化学のグルメオリジナル問題集「理論化学ドリルシリーズ」の販売を開始しました!

    モル計算や濃度計算、気体計算など多くの人が苦手とする分野の計算解法が詰まった問題集になっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


    スポンサーリンク

     

    MAIN


    SNS


    OTHER