【プロ講師解説】有機化合物には炭素C、水素H、窒素N、硫黄S、塩素Clといった元素が含まれている。このページでは『有機化合物の成分元素の確認方法』について解説しています。解説は高校化学・化学基礎を扱うウェブメディア『化学のグルメ』を通じて6年間大学受験に携わるプロの化学講師が執筆します。


スポンサーリンク

炭素Cの確認

操作

有機化合物を完全燃焼させる

生成物

二酸化炭素CO2

確認方法

発生したCO2を石灰水に通じると水に難溶の炭酸カルシウムCaCO3が生じ、溶液が白濁する

\[
Ca(OH)_{2}+CO_{2}→CaCO_{3}↓ +H_{2}O
\]

水素Hの確認

操作

有機化合物を完全燃焼させる

生成物

水H2O

確認方法

生じたH2Oを硫酸銅(Ⅱ)無水物CuSO4(白)に接触させると硫酸銅(Ⅱ)五水物CuSO4・5H2O(青)が生成する

窒素Nの確認

操作

有機化合物に水酸化ナトリウムNaOHなどの強塩基を加えて加熱する

生成物

アンモニアNH3

確認方法

発生したNH3を塩化水素HClと反応させると塩化アンモニウムNH4Clの白煙が生じる

\[
NH_{3}+HCl→NH_{4}Cl
\]

硫黄Sの確認

操作

有機化合物に金属ナトリウムNaや水酸化ナトリウムNaOHを加えて加熱する

生成物

硫化物イオンS2-

確認方法

S2-を含む生成物を水に溶かして酢酸鉛(Ⅱ)Pb(CH3COO)2水溶液を加えると硫化鉛PbSの黒色沈殿を生じる

\[
S^{2-}+Pb^{2+}→PbS↓
\]

塩素Clの確認

操作

有機化合物を焼いた銅線につけて燃焼させる

生成物

塩化銅(Ⅱ)CuCl2

確認方法

CuCl2がバーナーの炎の中で容易に分解して、青緑色の発光原因となる原子団が生じ、銅の炎色反応が見られる
ちなみに、塩素Clだけではなく臭素Brやヨウ素Iでも同様の反応が起こる

関連:紙の本に、なりました。

化学のグルメオンラインストアで販売していた「有機化学ドリル」が"紙の本"になりました。解答・解説編には大学入試頻出事項が網羅的にまとまっています。詳細は【公式】有機化学ドリルにて!


著者プロフィール

・化学のグルメ運営代表
・高校化学講師
・薬剤師
・デザイナー/イラストレーター

数百名の個別指導経験あり(過去生徒合格実績:東京大・京都大・東工大・東北大・筑波大・千葉大・早稲田大・慶應義塾大・東京理科大・上智大・明治大など)
2014年よりwebメディア『化学のグルメ』を運営
公式オンラインストアで販売中の理論化学ドリルシリーズ・有機化学ドリル等を執筆

著者紹介詳細