はじめに

有機化合物には炭素C、水素H、窒素N、硫黄S、塩素Clといった元素が含まれている。このページでは、それらの元素の存在を確認する方法を紹介する。


スポンサーリンク

炭素Cの確認

操作

有機化合物を完全燃焼させる

生成物

二酸化炭素CO2

確認方法

発生したCO2を石灰水に通じると水に難溶の炭酸カルシウムCaCO3が生じ、溶液が白濁する

\[
Ca(OH)_{2}+CO_{2}→CaCO_{3}↓ +H_{2}O
\]

水素Hの確認

操作

有機化合物を完全燃焼させる

生成物

水H2O

確認方法

生じたH2Oを硫酸銅(Ⅱ)無水物CuSO4(白)に接触させると硫酸銅(Ⅱ)五水物CuSO4・5H2O(青)が生成する


スポンサーリンク

窒素Nの確認

操作

有機化合物に水酸化ナトリウムNaOHなどの強塩基を加えて加熱する

生成物

アンモニアNH3

確認方法

発生したNH3を塩化水素HClと反応させると塩化アンモニウムNH4Clの白煙が生じる

\[
NH_{3}+HCl→NH_{4}Cl
\]

硫黄Sの確認

操作

有機化合物に金属ナトリウムNaや水酸化ナトリウムNaOHを加えて加熱する

生成物

硫化物イオンS2-

確認方法

S2-を含む生成物を水に溶かして酢酸鉛(Ⅱ)Pb(CH3COO)2水溶液を加えると硫化鉛PbSの黒色沈殿を生じる

\[
S^{2-}+Pb^{2+}→PbS↓
\]

塩素Clの確認

操作

有機化合物を焼いた銅線につけて燃焼させる

生成物

塩化銅(Ⅱ)CuCl2

確認方法

CuCl2がバーナーの炎の中で容易に分解して、青緑色の発光原因となる原子団が生じ、銅の炎色反応が見られる
ちなみに、塩素Clだけではなく臭素Brやヨウ素Iでも同様の反応が起こる


スポンサーリンク

関連:参考書、作りました。

化学のグルメオリジナル参考書「CHEM ZINE(ケム・ジン)化学基礎ver.」の販売を開始しました!

基礎〜入試中級レベルの内容を掲載しており、化学初心者から受験対策を行いたい人まで幅広い層の方にお使い頂ける一冊に仕上がっています。詳細は【公式】CHEM ZINE(ケム・ジン)にて!


スポンサーリンク