【プロ講師解説】このページでは『リン脂質の構造や種類、親水基/疎水基の向き、細胞膜上での役割など』について解説しています。解説は高校化学・化学基礎を扱うウェブメディア『化学のグルメ』を通じて6年間大学受験に携わるプロの化学講師が執筆します。


スポンサーリンク

リン脂質

グリセリン1分子に高級脂肪酸2分子とリン酸1分子がエステル結合し、さらにリン酸にアルコールがエステル結合したものをリン脂質という。

リン脂質の構造

ホスファチジルコリン(レシチン)

ホスファチジル エタノールアミン

ホスファチジル セリン

ホスファチジル イノシトール

リン脂質の性質

界面活性剤として働く

リン脂質は、親水基であるリン酸基、疎水基である炭化水素基(脂肪酸部分)を持つので、セッケンのように界面活性剤として働く。

脂質二重層/生体膜を形成する

水溶液中で、隙間なく並んだリン脂質が疎水性部分を内側に、親水性部分を外側に向けて二重の層となる。この層を脂質二重層という。

また、リン脂質でできた脂質二重層にあらゆる機能を持ったタンパク質を加えることで生体膜が形成される。

https://www.kyoto-su.ac.jp/faculty/nls/nm-bio.html

生体膜は外界との境界として内部物質の流出を防いだり、輸送体による能動輸送および促進拡散などを行う役割を持つ。

関連:紙の本に、なりました。

化学のグルメオンラインストアで販売していた「有機化学ドリル」が"紙の本"になりました。解答・解説編には大学入試頻出事項が網羅的にまとまっています。詳細は【公式】有機化学ドリルにて!


スポンサーリンク