【プロ講師解説】このページでは『電気泳動(原理や中性/酸性/塩基性アミノ酸の移動方向など)』について解説しています。解説は高校化学・化学基礎を扱うウェブメディア『化学のグルメ』を通じて6年間大学受験に携わるプロの化学講師が執筆します。


スポンサーリンク

電気泳動とは

アミノ酸の水溶液をろ紙に染み込ませてニンヒドリン水溶液を吹きかけた後にろ紙の両端に電圧をかけるとアミノ酸が移動するのが確認できる。これを電気泳動という。

電気泳動をした際のアミノ酸の動き

アミノ酸の種類によって電気泳動をした際の動きは異なる。酸性アミノ酸・塩基性アミノ酸・中性アミノ酸に分けて見ていこう。

酸性アミノ酸

酸性アミノ酸はカルボキシ基の電離によりマイナスに帯電しているため電気泳動をすると陽極に移動する。

塩基性アミノ酸

塩基性アミノ酸はアミノ基がH+を受け取りプラスに帯電しているため電気泳動をすると陰極に移動する。

中性アミノ酸

中性アミノ酸は電気的に中性のため電気泳動をしても移動しない。

関連:紙の本に、なりました。

化学のグルメオンラインストアで販売していた「有機化学ドリル」が"紙の本"になりました。解答・解説編には大学入試頻出事項が網羅的にまとまっています。詳細は【公式】有機化学ドリルにて!


スポンサーリンク