【プロ講師解説】このページでは『陽イオン交換樹脂・陰イオン交換樹脂(作り方や原理・反応式など)』について解説しています。解説は高校化学・化学基礎を扱うウェブメディア『化学のグルメ』を通じて6年間大学受験に携わるプロの化学講師が執筆します。


スポンサーリンク

イオン交換樹脂とは

イオンを含む溶液にある物質を触れさせておくと、その物質中のイオンと溶液中のイオンが入れ替わる。この現象をイオン交換という。また、このような作用を行う物質をイオン交換樹脂という。

イオン交換樹脂の作り方

スチレンに少量のp-ジビニルベンゼンを混ぜて共重合させ、立体網目状構造の樹脂を作成する。さらに、ベンゼン環に置換基を導入し、直径が1mm程度のビーズ状に加工すると陽イオン交換樹脂や陰イオン交換樹脂をつくることができる。

イオン交換樹脂の仕組み

陽イオン交換樹脂、陰イオン交換樹脂の原理について紹介していく。

陽イオン交換樹脂

カラムと呼ばれる円筒形の管に陽イオン交換樹脂(R-SO3H+)を詰め、そこに上から塩化ナトリウムNaCl水溶液を流す。その結果、水溶液中のNa+は陽イオン交換樹脂中のH+と置き換わって、下から塩酸HClが出てくる。

式で表すと次のようになる。

\[
R-SO_{3}^{-}H^{+}+Na^{+}Cl^{-}⇄R-SO_{3}^{-}Na^{+}+H^{+}Cl^{-}・・・①
\]

陰イオン交換樹脂

陰イオン交換樹脂(R-N+(CH3)3OH)を詰めたカラムにNaCl水溶液を流す。結果、水溶液中のClが陰イオン交換樹脂中のOHと置き換わって、下から水酸化ナトリウムNaOH水溶液が出てくる。

\[
R-N^{+}(CH_{3})_{3}OH^{-}+Na^{+}Cl^{-}⇄R-N^{+}(CH_{3})_{3}Cl^{-}+Na^{+}OH^{-}・・・②
\]

使用後の陽イオン・陰イオン交換樹脂は、HCl水溶液やNaOH水溶液を加えることで①・②の反応を左向きに進めて、再生することができる。

関連:有機化学、まとめました。

数多くの要望にお応えし、化学のグルメオリジナル「有機化学攻略セット」を作成しました!

CHEM ZINE(有機化学 ver.)+有機化学ドリルの組み合わせで大学入試や定期テストで頻出の有機化学暗記事項を一通りマスターできるセットとなっています。詳細は【公式】有機化学攻略セットにて!


スポンサーリンク