はじめに

このページでは気体の捕集法である上方置換法・下方置換法・水上置換法についてまとめていく。よく出るところなのでこの機会にきちんと覚えておこう。


スポンサーリンク

水上置換法

水上置換法は最も確実に気体を捕集できる方法であり水に溶けにくい気体(中性気体)であれば、出来る限り水上置換法で集める。

※水上置換法の図

上方置換法

酸性気体と塩基性気体は水に溶けるので水上置換法で集めることはできない。したがって、空気より軽い(密度が低い)気体は上方置換法、重い(密度が大きい)気体は下方置換法で捕集する。

気体の密度を比較するには分子量を比べればOK。空気(乾燥空気)の組成にあるように空気は大雑把に窒素N280%、酸素O220%で構成された気体であり、平均分子量は28.8(28×0.80+32×0.20)なので、水に溶ける気体であって分子量が28.8よりも小さい気体(塩基性気体)は上方置換法、大きい気体(酸性気体)は下方置換法で捕集する。

※上方置換法の図

※下方置換法の図

気体の捕集法まとめ

捕集法 水上置換法 上方置換法 下方置換法
捕集できる気体 中性気体 塩基性気体 酸性気体

関連:無機化学、まとめました。

数多くの要望にお応えし、化学のグルメオリジナル「無機化学攻略セット」を作成しました!

無機化学まとめプリント+無機化学ドリルの組み合わせで大学入試や定期テストで頻出の無機化学暗記事項を一通りマスターできるセットとなっています。詳細は【公式】無機化学攻略セットにて!


スポンサーリンク