【プロ講師解説】このページでは『銀鏡反応とフェーリング反応(原理や反応式、沈殿、色変化など)』について解説しています。解説は高校化学・化学基礎を扱うウェブメディア『化学のグルメ』を通じて6年間大学受験に携わるプロの化学講師が執筆します。


スポンサーリンク

アルデヒドの還元性

アルデヒドは酸化されてカルボン酸になりやすく、この時相手の物質を還元する。つまり、アルデヒドには還元性がある。この、アルデヒドの還元性を確認する方法として「銀鏡反応」と「フェーリング反応」を紹介しよう。

銀鏡反応

アンモニア性硝酸銀水溶液にアルデヒド(R-CHO)を加えて穏やかに加熱すると、アンモニア性硝酸銀水溶液中に含まれる銀イオンAg+が還元されて銀Agの単体が生成し、鏡のようになる。この反応を銀鏡反応という。この時、アルデヒドは酸化されてカルボン酸のイオン(R-COO)となる。

\[
R-CHO+2[Ag(NH_{3})_{2}]^{+}+3OH^{-}→R-COO^{-}+4NH_{3}+2H_{2}O+2Ag
\]

また、アンモニア性硝酸銀水溶液の作り方は次の通り。

硝酸銀水溶液にアンモニア水を加えると、褐色の酸化銀の沈殿を生じる。

\[
2Ag^{+}+2OH^{-}→Ag_{2}O+H_{2}O
\]

さらにアンモニア水を加えると、錯イオンをつくって沈殿が溶け、無色の溶液となる。

\[
Ag_{2}O+4NH_{3}+H_{2}O→2[Ag(NH_{3})_{2}]^{+}+2OH^{-}
\]

この溶液をアンモニア性硝酸銀水溶液という。

フェーリング反応

フェーリング液は銅(Ⅱ)イオンCu2+の錯イオンを含む深青色の塩基性溶液である。

フェーリング液にアルデヒドを加えて穏やかに加熱すると、銅(Ⅱ)イオンが還元されて酸化銅(Ⅰ)Cu2Oの赤色沈殿を生じる。この反応をフェーリング反応という。

\[
R-CHO+2Cu^{2+}+5OH^{-}→R-COO^{-}+3H_{2}O+Cu_{2}O
\]

フェーリング反応でも銀鏡反応と同様アルデヒドは還元されてカルボン酸のイオンになる。

関連:有機化学、まとめました。

数多くの要望にお応えし、化学のグルメオリジナル「有機化学攻略セット」を作成しました!

CHEM ZINE(有機化学 ver.)+有機化学ドリルの組み合わせで大学入試や定期テストで頻出の有機化学暗記事項を一通りマスターできるセットとなっています。詳細は【公式】有機化学攻略セットにて!


スポンサーリンク