【プロ講師解説】このページでは『アミド(構造や合成、加水分解、エステルとの違いなど)』について解説しています。解説は高校化学・化学基礎を扱うウェブメディア『化学のグルメ』を通じて6年間大学受験に携わるプロの化学講師が執筆します。


スポンサーリンク

アミドとは

アミン + カルボン酸
Point!

アミンとカルボン酸から水が取れて縮合したものをアミドという。

アルコールやフェノール類とカルボン酸から水が取れて縮合したものをエステルといったのと同じような感じだね。

また、このとき形成される-CONHの結合はアミド結合と呼ばれる。

アミドの名称

高校化学に出てくるアミドで名前を知っておかなければならないのは基本アセトアニリドのみ。

アミドの性質

中性
Point!

アミンは、アンモニアと同様に窒素原子の非共有電子対がH+と配位結合するので塩基(H+を受け取るもの)である。

一方、アミドはカルボニル基の正に帯電した炭素原子が、窒素原子の非共有電子対を引きつけて電子が広範囲に分布するので、アミンのように配位結合によって塩基として働きにくく、中性物質である。

窒素原子の非共有電子対がC-Oの方までフワッと広がるイメージだね。

アミドの製法

アミドは基本的にエステルと同様の製法で作られる。カルボン酸とエステルの構造・命名法・性質・製法・各種反応まとめを確認しよう。

アミドの反応

アミドは基本的にエステルと同様の方法で加水分解される。カルボン酸とエステルの構造・命名法・性質・製法・各種反応まとめを確認しよう。

関連:紙の本に、なりました。

化学のグルメオンラインストアで販売していた「有機化学ドリル」が"紙の本"になりました。解答・解説編には大学入試頻出事項が網羅的にまとまっています。詳細は【公式】有機化学ドリルにて!


スポンサーリンク