酸・塩基の定義

酸・塩基の定義には「アレニウスの定義」と「ブレンステッド・ローリーの定義」の2種類が存在する。このページでは、これら2つの定義について例を使って1から丁寧に解説していく。アレニウスの定義・ブレンステッドローリーの定義ともに入試超頻出事項なので、この機会にしっかりと区別できるようにしておこう!


スポンサーリンク

アレニウスの定義

水溶液中で水素イオンH+を出す物質を酸、OHを放出する物質を塩基とする。これをアレニウスの定義という。

アレニウスの定義における酸・塩基としてよく例に出されるのは塩化水素HClや水酸化ナトリウムNaOH。

しかし、アレニウスの定義は「水溶液中」という条件に限定されるので、やや使いづらい面がある。そこで新たに提唱されたのが「ブレンステッド・ローリーの定義」である。


スポンサーリンク

ブレンステッド・ローリーの定義

水素イオンH+を出す物質を酸、H+を受け取る物質を塩基とする。これをブレンステッド・ローリーの定義という。

例として「塩化水素HClとアンモニアNH3の反応」を見てみよう。

酸であるHClが水素イオン(H+)を出してClとなり、塩基であるNH3がH+を受け取ってNH4+になっているね。ちなみに、ClとNH4+は組み合わさって塩化アンモニウムNH4Clの白煙となる。


スポンサーリンク

確認問題

問1

アレニウスにおける酸・塩基の定義を述べよ。

【問1】解答/解説:タップで表示
解答:以下参照

酸:Hを出すもの
塩基:OHを出すもの

問2

ブレンステッドローリーにおける酸・塩基の定義を述べよ。

【問2】解答/解説:タップで表示
解答:以下参照

酸:Hを出すもの
塩基:Hを受け取るもの


スポンサーリンク

関連:酸・塩基を一覧表で。

酸・塩基の定義がわかったところで、一覧表を見てみよう。ここに書いてあるものは、全て覚えておくのが無難。

  • 酸・塩基一覧
  • (これもオススメ!)【大学受験】理論化学のオススメ勉強法・参考書・問題集を大公開!
  • 化学のグルメ「【Youtube】ショートアニメーション講義」

  • スポンサーリンク

    関連:問題集、作りました。

    化学のグルメオリジナル問題集「理論化学ドリルシリーズ」の販売を開始しました!

    モル計算や濃度計算、気体計算など多くの人が苦手とする分野の計算解法が詰まった問題集になっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


    スポンサーリンク

     

    MAIN


    SNS


    OTHER