酸・塩基の定義(アレニウス/ブレンステッド・ローリー)を例を用いて解説!

酸・塩基の定義

アレニウスの定義

  酸:H+を出すもの
  塩基:OHを出すもの

ブレンステッド・ローリーの定義

  酸:H+を出すもの
  塩基:H+を受け取るもの
Point!

酸・塩基の定義には「アレニウスの定義」と「ブレンステッド・ローリーの定義」の2種類が存在する。このページでは、これら2つの定義について例を使って1から丁寧に解説していく。アレニウスの定義・ブレンステッドローリーの定義ともに入試超頻出事項なので、この機会にしっかりと区別できるようにしておこう!


スポンサーリンク

アレニウスの定義

酸:H+を出すもの
塩基:OHを出すもの
Point!

水溶液中で水素イオンH+を出す物質を酸、OHを放出する物質を塩基とする。これをアレニウスの定義という。

アレニウスの定義における酸・塩基としてよく例に出されるのは塩化水素HClや水酸化ナトリウムNaOH。

しかし、アレニウスの定義は「水溶液中」という条件に限定されるので、やや使いづらい面がある。そこで新たに提唱されたのが「ブレンステッド・ローリーの定義」である。


スポンサーリンク

ブレンステッド・ローリーの定義

酸:H+を出すもの
塩基:H+を受け取るもの
Point!

水素イオンH+を出す物質を酸、H+を受け取る物質を塩基とする。これをブレンステッド・ローリーの定義という。

例として「塩化水素HClとアンモニアNH3の反応」を見てみよう。

酸であるHClが水素イオン(H+)を出してClとなり、塩基であるNH3がH+を受け取ってNH4+になっているね。ちなみに、ClとNH4+は組み合わさって塩化アンモニウムNH4Clの白煙となる。

応用:オキソニウムイオンとブレンステッド・ローリーの定義

水溶液中で酸から生じたH+は不安定なため、水分子と配位結合してオキソニウムイオンH3O+として存在している。

たとえば、硝酸HNO3の電離は通常次のように表す。

\[
HNO_{3}→NO_{3}^{-}+H^{+}
\]

しかしこれは省略した書き方で、正確には次のように書く。

\[
HNO_{3}+H_{2}O→NO_{3}^{-}+H_{3}O^{+}
\]

この式で考えると、ブレンステッド・ローリーの定義より、HNO3の電離反応ではH2Oを塩基として捉えることができる。


スポンサーリンク

確認問題

問1

アレニウスにおける酸・塩基の定義を述べよ。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:以下参照

酸:Hを出すもの
塩基:OHを出すもの

問2

ブレンステッドローリーにおける酸・塩基の定義を述べよ。
【問2】解答/解説:タップで表示
解答:以下参照

酸:Hを出すもの
塩基:Hを受け取るもの


スポンサーリンク

関連:酸・塩基を一覧表で。

酸・塩基の定義がわかったところで、一覧表を見てみよう。ここに書いてあるものは、全て覚えておくのが無難。

  • 酸・塩基一覧
  • (これもオススメ!)【大学受験】理論化学のオススメ勉強法・参考書・問題集を大公開!
  • 化学のグルメ「【Youtube】ショートアニメーション講義」

  • スポンサーリンク

    関連:参考書、作りました。

    化学のグルメではオリジナル参考書・問題集を作成しています。現在販売しているのは「理論化学ドリルシリーズ」「無機化学攻略セット」「CHEM ZINE(化学基礎)」の三種類。詳細は以下のページにてご覧ください。


    理論化学ドリル

    無機化学セット

    化学基礎参考書

    理論化学ドリル

    無機化学セット

    化学基礎参考書

    スポンサーリンク