はじめに

中和と中性の違いについて理解できていない高校生は非常に多い。このページでは、中和と中性それぞれの定義とその違いについて1から丁寧に解説していく。ぜひこの機会に中和と中性の区別をしっかりできるようになろう!


スポンサーリンク

中性とは

中性とはpHがちょうど7の時のことである。

ちなみに、pHが7より小さい時は酸性、7より大きい時は塩基性という。


スポンサーリンク

中和とは

中和とは酸と塩基がお互いの性質を打ち消しあうことである。

中和が起こった結果、塩と水が生じる。


スポンサーリンク

中和と中性の違い

中和と中性の違いは「中性はpHが7、中和はpHが7とは限らない」という点である。

中和反応の結果生じる「塩」には水に溶けて酸性や塩基性を示すものが存在する。

例えば、酢酸ナトリウムCH3COONaと水H2O例に挙げると…

\[
CH_{3}COONa + H_{2}O ⇄ CH_{3}COOH + NaOH
\]

CH3COONa(塩)とNaOH(強塩基)は電離度が大きいため(ほぼ)完全に電離するが、H2OとCH3COOH(弱酸)は電離度が小さく(ほぼ)電離しない。従って、次のように考えることができる。

\[
CH_{3}COO^{-} + \cancel{Na^{+}} + H_{2}O ⇄ CH_{3}COOH + \cancel{Na^{+}} + OH^{-} \\
↔︎ CH_{3}COO^{-} + H_{2}O ⇄ CH_{3}COOH + \underbrace{ OH^{-} }
_{ \text{ 塩基性 } }
\]

Na+は両辺に存在するので消すことができる。また、OHが存在するため結果的に水溶液の液性は塩基性となる。

このように、中和で生じた塩が最終的に水に溶けて(中性ではなく)酸性や塩基性を示す場合があるため、中和したからといって必ずしもpH=7(中性)にはならない。


スポンサーリンク

 

MAIN


SNS


OTHER