はじめに

中和と中性の違いについて理解できていない高校生は非常に多い。このページでは、中和と中性それぞれの定義とその違いについて1から丁寧に解説していく。ぜひこの機会に中和と中性の区別をしっかりできるようになろう!


スポンサーリンク

中性とは

中性とはpHがちょうど7の時のことである。

ちなみに、pHが7より小さい時は酸性、7より大きい時は塩基性という。


スポンサーリンク

中和とは

中和とは酸と塩基がお互いの性質を打ち消しあうことである。

中和が起こった結果、塩と水が生じる。


スポンサーリンク

中和と中性の違い

中和と中性の違いは「中性はpHが7、中和はpHが7とは限らない」という点である。

中和反応の結果生じる「塩」には水に溶けて酸性や塩基性を示すものが存在する。

例えば、酢酸ナトリウムCH3COONaと水H2O例に挙げると…

\[
CH_{3}COONa + H_{2}O ⇄ CH_{3}COOH + NaOH
\]

CH3COONa(塩)とNaOH(強塩基)は電離度が大きいため(ほぼ)完全に電離するが、H2OとCH3COOH(弱酸)は電離度が小さく(ほぼ)電離しない。従って、次のように考えることができる。

\[
CH_{3}COO^{-} + \cancel{Na^{+}} + H_{2}O ⇄ CH_{3}COOH + \cancel{Na^{+}} + OH^{-} \\
↔︎ CH_{3}COO^{-} + H_{2}O ⇄ CH_{3}COOH + \underbrace{ OH^{-} }
_{ \text{ 塩基性 } }
\]

Na+は両辺に存在するので消すことができる。また、OHが存在するため結果的に水溶液の液性は塩基性となる。

このように、中和で生じた塩が最終的に水に溶けて(中性ではなく)酸性や塩基性を示す場合があるため、中和したからといって必ずしもpH=7(中性)にはならない。


スポンサーリンク

関連:中和の計算は入試頻出。

中和関連の計算は大学入試で超頻出。できないとライバルと差をつけられてしまうので、必ずできるようにしておこう。

  • 【公式あり】中和計算を一瞬で解く方法を理由を交えて徹底解説!
  • (これもよく出る!)中和滴定を攻略!流れから計算問題、滴定曲線、指示薬まで完全網羅!
  • (これもオススメ!)【大学受験】理論化学のオススメ勉強法・参考書・問題集を大公開!
  • 化学のグルメ「【Youtube】ショートアニメーション講義」

  • スポンサーリンク

    関連:問題集、作りました。

    化学のグルメオリジナル問題集「理論化学ドリルシリーズ」の販売を開始しました!

    モル計算や濃度計算、気体計算など多くの人が苦手とする分野の計算解法が詰まった問題集になっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


    スポンサーリンク

     

    MAIN


    SNS


    OTHER