はじめに

酸・塩基や化学平衡の単元でよく出てくる電離度(α)。高校化学を学ぶ上で必ず知っておかなければいけない単語なのでぜひこの機会に意味を覚えるようにしよう!


スポンサーリンク

電離度とは

電離度とは、溶解している酸・塩基の量に対する、電離している酸・塩基の量の割合である。電離度は記号αで表すことが多い。

電離度α=1だと、溶解した酸・塩基は完全に電離している。電離度α=0.8だと、溶解した酸・塩基のうち8割が電離している。


スポンサーリンク

電離度と酸・塩基の強弱

電離度が大きいほど、酸や塩基としての力は強くなる。この辺りについて詳しくは【酸・塩基の強さ】強酸・弱酸・強塩基・弱塩基の違いを解説!を確認しよう。


スポンサーリンク

関連:電離度を使った計算を攻略。

中和計算やpH計算を行う際に電離度を用いることは多い。忘れないうちに、それらの計算問題に触れておこう。

  • 【公式あり】中和計算を一瞬で解く方法を理由を交えて徹底解説!
  • 高校化学pH計算完全マスター講座!!
  • (これもオススメ!)【大学受験】理論化学のオススメ勉強法・参考書・問題集を大公開!
  • 化学のグルメ「【Youtube】ショートアニメーション講義」

  • スポンサーリンク

    関連:問題集、作りました。

    化学のグルメオリジナル問題集「理論化学ドリルシリーズ」の販売を開始しました!

    モル計算や濃度計算、気体計算など多くの人が苦手とする分野の計算解法が詰まった問題集になっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


    スポンサーリンク

     

    MAIN


    SNS


    OTHER