はじめに

酸・塩基には“強さ”という概念が存在しており、強い酸・塩基は「強酸・強塩基」、弱い酸・塩基は「弱酸・弱塩基」と呼ばれている。このページではこれらの4つの違いについて1から丁寧に解説していく。酸・塩基の単元を学習していく上で基礎となる部分なのでぜひこの機会に押さえてしまおう!


スポンサーリンク

強酸・強塩基

溶解したうちほぼ全てが電離する、つまり電離度α≒1の酸・塩基のことを強酸・強塩基という。(電離度に関しては電離度とは?公式から酸・塩基の強弱との関係まで解説!を参照)

強酸や強塩基はほぼ完全に電離してイオンに変化するため、反応式では(右向きの反応しか起こらないという意味の)「→」で表される。

\[
\mathrm{ HCl → H^{+} + Cl^{-} }
\]

高校化学で頻出の強酸・強塩基は次の通り。

強酸
  • 塩化水素(HCl)
  • 臭化水素(HBr)
  • ヨウ化水素(HI)
  • 硝酸(HNO3
  • 硫酸(H2SO4
  • 強塩基
  • 水酸化カリウム(KOH)
  • 水酸化ナトリウム(NaOH)
  • 水酸化バリウム(Ba(OH)2
  • 水酸化カルシウム(Ca(OH)2

  • スポンサーリンク

    弱酸・弱塩基

    溶解したうちの一部しか電離しない、つまり電離度が1に比べて極めて小さい酸・塩基のことを弱酸・弱塩基という。

    電離度が小さいということはつまり、イオンになりにくい、イオンになってもそのイオンが再びくっつきやすいということ。従って、イオン同士がくっつく反応(=電離と逆の反応)も進行するため、反応式では「⇄」で表される。

    \[
    \mathrm{ CH_{3}COOH ⇄ CH_{3}COO^{-} + H^{+} }
    \]

    高校化学で頻出の弱酸・弱塩基は次の通り。

    弱酸
  • 酢酸(CH3COOH)
  • フッ化水素(HF)
  • 炭酸(H2CO3
  • 硫化水素(H2S)
  • シュウ酸(H2C2O4
  • リン酸(H3PO4
  • 弱塩基
  • アンモニア(NH3
  • 水酸化銅(Ⅱ)(Cu(OH)2
  • 水酸化マグネシウム(Mg(OH)2
  • 水酸化亜鉛(Zn(OH)2
  • 水酸化鉄(Ⅱ)(Fe(OH)2
  • 水酸化アルミニウム(Al(OH)3
  • 水酸化鉄(Ⅲ)(Fe(OH)3

  • スポンサーリンク

    関連:そもそも、酸・塩基って?

    酸・塩基の定義を明確に答えられる高校生は意外と少数。根本がわかっていないと後々困るので、今のうちに復習しておこう。

  • 酸・塩基の定義(アレニウス/ブレンステッド・ローリー)を例を用いて解説!
  • (これもオススメ!)【大学受験】理論化学のオススメ勉強法・参考書・問題集を大公開!

  • スポンサーリンク

    関連:動画で学ぼう。

    化学のグルメのYoutubeチャンネルでは「ショートアニメーション」を使った解説を行っています。1〜2分程度の最高にコンパクトな動画で高校化学の各項目を素早く復習することができます。是非ご参照あれ!


    スポンサーリンク

     

    MAIN


    SNS


    OTHER