【プロ講師解説】このページでは『酸・塩基の強さ(強酸・弱酸・強塩基・弱塩基の違いなど)』について解説しています。解説は高校化学・化学基礎を扱うウェブメディア『化学のグルメ』を通じて6年間大学受験に携わるプロの化学講師が執筆します。


スポンサーリンク

強酸・強塩基

溶解したうちほぼ全てが電離する、つまり電離度α≒1の酸・塩基のことを強酸・強塩基という。(電離度に関しては電離度とは?公式から酸・塩基の強弱との関係まで解説!を参照)

強酸や強塩基はほぼ完全に電離してイオンに変化するため、反応式では(右向きの反応しか起こらないという意味の)「→」で表される。

\[
\mathrm{ HCl → H^{+} + Cl^{-} }
\]

高校化学で頻出の強酸・強塩基は次の通り。

強酸
  • 塩化水素(HCl)
  • 臭化水素(HBr)
  • ヨウ化水素(HI)
  • 硝酸(HNO3
  • 硫酸(H2SO4
  • 強塩基
  • 水酸化カリウム(KOH)
  • 水酸化ナトリウム(NaOH)
  • 水酸化バリウム(Ba(OH)2
  • 水酸化カルシウム(Ca(OH)2
  • 弱酸・弱塩基

    溶解したうちの一部しか電離しない、つまり電離度が1に比べて極めて小さい酸・塩基のことを弱酸・弱塩基という。

    電離度が小さいということはつまり、イオンになりにくい、イオンになってもそのイオンが再びくっつきやすいということ。従って、イオン同士がくっつく反応(=電離と逆の反応)も進行するため、反応式では「⇄」で表される。

    \[
    \mathrm{ CH_{3}COOH ⇄ CH_{3}COO^{-} + H^{+} }
    \]

    高校化学で頻出の弱酸・弱塩基は次の通り。

    弱酸
  • 酢酸(CH3COOH)
  • フッ化水素(HF)
  • 炭酸(H2CO3
  • 硫化水素(H2S)
  • シュウ酸(H2C2O4
  • リン酸(H3PO4
  • 弱塩基
  • アンモニア(NH3
  • 水酸化銅(Ⅱ)(Cu(OH)2
  • 水酸化マグネシウム(Mg(OH)2
  • 水酸化亜鉛(Zn(OH)2
  • 水酸化鉄(Ⅱ)(Fe(OH)2
  • 水酸化アルミニウム(Al(OH)3
  • 水酸化鉄(Ⅲ)(Fe(OH)3
  • 関連:計算ドリル、作りました。

    化学のグルメオリジナル計算問題集「理論化学ドリルシリーズ」を作成しました!

    モル計算や濃度計算、反応速度計算など入試頻出の計算問題を一通りマスターできるシリーズとなっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


    著者プロフィール

    ・化学のグルメ運営代表
    ・高校化学講師
    ・薬剤師
    ・デザイナー/イラストレーター

    数百名の個別指導経験あり(過去生徒合格実績:東京大・京都大・東工大・東北大・筑波大・千葉大・早稲田大・慶應義塾大・東京理科大・上智大・明治大など)
    2014年よりwebメディア『化学のグルメ』を運営
    公式オンラインストアで販売中の理論化学ドリルシリーズ・有機化学ドリル等を執筆

    著者紹介詳細