はじめに

ペプチド結合はタンパク質を学ぶ上で基礎となる重要事項。定義や構造、アミド結合との違いなど1つ1つわかりやすく解説していくので是非この機会に理解しよう!


スポンサーリンク

ペプチド結合とは

1つのアミノ酸のカルボキシ基(-COOH)ともう1つのアミノ酸のアミノ基(-NH2)が脱水縮合する。このとき生じるアミド結合(-CONH-)を特にペプチド結合という。

ペプチド結合を持つ化合物をペプチドといい、ペプチドのうち2分子のアミノ酸からなるペプチドをジペプチド、3分子のアミノ酸からなるペプチドをトリペプチド、多数のアミノ酸からなるペプチドをポリペプチドという。


スポンサーリンク

ペプチド結合とアミド結合の違い

ペプチド結合とアミド結合の違いについて悩む高校生は非常に多いが、「ペプチド結合はアミド結合の一種」だと考えればOK。

アミド結合は「-CONH-」の結合全般のことを指すが、アミド結合のうち「アミノ酸同士が結合してできたもの」をペプチド結合という。

N末端とC末端

ペプチドの両端は(結合に使われていない)未反応のアミノ基(-NH2)またはカルボキシ基(-COOH)を持つので、それぞれアミノ末端(N末端)カルボキシ末端(C末端)という。

関連:有機化学、まとめました。

数多くの要望にお応えし、化学のグルメオリジナル「有機化学攻略セット」を作成しました!

CHEM ZINE(有機化学 ver.)+有機化学ドリルの組み合わせで大学入試や定期テストで頻出の有機化学暗記事項を一通りマスターできるセットとなっています。詳細は【公式】有機化学攻略セットにて!


スポンサーリンク