【プロ講師解説】このページでは『ニトロセルロースとアセチルセルロース(合成法/作り方や構造、用途など)』について解説しています。解説は高校化学・化学基礎を扱うウェブメディア『化学のグルメ』を通じて6年間大学受験に携わるプロの化学講師が執筆します。


スポンサーリンク

ニトロセルロース

ニトロセルロースの作り方/構造

セルロースと混酸(濃硝酸+濃硫酸)を反応させると、セルロースのもつヒドロキシ基(-OH)の一部または全部が-O-NO2に変化して(ニトロ化され)、ニトロセルロース(硝酸セルロース)と呼ばれる硝酸エステルができる。

\[
[C_{6}H_{7}O_{2}(OH)_{3}]_{n}+3nHNO_{3} \\
→[C_{6}H_{7}O_{2}(ONO_{2})_{3}]_{n}+3nH_{2}O
\]

ニトロセルロースのうち、-OH3つが-O-NO2に変化したものをトリニトロセルロース、-OH2つが-O-NO2に変化したものをジニトロセルロースという。

ニトロセルロースの用途

  • トリニトロセルロース
    →綿火薬の原料
  • ジニトロセルロース
    →セルロイド、コロジオン膜(半透膜の一種)の原料

ニトロセルロースのうち、ジニトロセルロースは綿火薬の原料として、トリニトロセルロースはセルロイドや半透膜の一種であるコロジオン膜の原料として用いられる。

アセチルセルロース

アセチルセルロースの作り方/構造

セルロースを無水酢酸と少量の濃硫酸などと反応させると、-OHが-OCOCH3に変化して(アセチル化され)、トリアセチルセルロースができる。

\[
[C_{6}H_{7}O_{2}(OH)_{3}]_{n}+3n(CH_{3}CO)_{2}O \\
→[C_{6}H_{7}O_{2}(OCOCH_{3})_{3}]_{n}+3nCH_{3}COOH
\]

次に、トリアセチルセルロースを一部だけ加水分解すると、ジアセチルセルロースができる。

\[
[C_{6}H_{7}O_{2}(OCOCH_{3})_{3}]_{n}+nH_{2}O \\
→[C_{6}H_{7}O_{2}(OH)(OCOCH_{3})_{2}]_{n}+nCH_{3}COOH
\]

アセチルセルロースの用途

  • トリアセチルセルロース
    →写真のフィルム
  • ジアセチルセルロース
    →アセテート繊維

アセチルセルロースのうち、トリアセチルセルロースは写真のフィルムとして、ジアセチルセルロースはアセテート繊維として用いられる。

関連:有機化学、まとめました。

数多くの要望にお応えし、化学のグルメオリジナル「有機化学攻略セット」を作成しました!

CHEM ZINE(有機化学 ver.)+有機化学ドリルの組み合わせで大学入試や定期テストで頻出の有機化学暗記事項を一通りマスターできるセットとなっています。詳細は【公式】有機化学攻略セットにて!


スポンサーリンク