はじめに

このページでは、凝析・塩析について、一から丁寧に解説していく。大学入試でも頻出の分野なので必ず理解しておくようにしよう。


スポンサーリンク

塩析とは

親水コロイドが多量の電解質により沈殿する現象
Point!

親水コロイドは、水中で多くの水分子に支えられて安定化している。(=水和している)

ここに、多量の電解質を加えると…

電離して生じた陽イオンや陰イオンに(コロイドの安定化に貢献していた)水を奪われて、親水コロイドは不安定となり沈殿する。

このように、親水コロイドが多量の電解質によって沈殿する現象を塩析という。

凝析とは

疎水コロイドが少量の電解質により沈殿する現象
Point!

疎水コロイドはその名の通り水との親和性が小さいコロイドであるため、水による安定化を受けず、コロイド同士で反発し分散している。

この状態で少量の電解質を加えると、電解質が電離して生じた陽イオン(陰イオン)が疎水コロイドの表面の電荷に引きつけられて表面の電荷が打ち消される。

表面の電荷を打ち消された疎水コロイドは、反発する力を失うため分散せずに固まって沈殿してしまう。

このように、疎水コロイドが少量の電解質によって沈殿する現象を凝析という。

塩析と凝析の違い

塩析と凝析の違いを表にまとめておこう。

関与するコロイド 電解質の量
塩析 親水コロイド 多い
凝析 疎水コロイド 少ない

塩析は、水によって安定化しているコロイドから水を引きはがすわけだからかなりの力が必要。従って、使う電解質の量は多量になる。

対して凝析では、電解質を「引きはがすため」に使うのではなくコロイド同士をつなぐ「接着剤」として用いているので、塩析ほどの量は必要ない。

関連:計算ドリル、作りました。

化学のグルメオリジナル計算問題集「理論化学ドリルシリーズ」を作成しました!

モル計算や濃度計算、反応速度計算など入試頻出の計算問題を一通りマスターできるシリーズとなっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


スポンサーリンク