揮発酸遊離反応とは

揮発酸遊離反応とは、ClやFなどのハロゲンが含まれる塩に不揮発性の酸(蒸発しにくい酸)を反応させることで揮発性の酸(蒸発しやすい酸)を遊離させる反応である。

揮発酸遊離反応の具体例として、「【保存板】気体の発生方法・反応式まとめ!」でHClの発生法として紹介した「NaClとH2SO4の反応」を見てみよう。

NaClが不揮発性の酸であるH2SO4と反応することで、揮発性の酸であるHClが遊離しているね。


スポンサーリンク

揮発酸遊離反応が起こる理由

揮発酸遊離反応が起こるのは、「加熱を行ったときに、H2SO4などの蒸発しにくい不揮発性の酸はなかなか蒸発せず外に出ていかないのに対して、HClなどの揮発性の酸は簡単に蒸発して外に出ていってしまうから」である。

つまり、不揮発酸と揮発酸の沸点の違いを利用しているということだね!

“不揮発酸”はH2SO4のみ

高校化学で不揮発酸として登場する酸は「硫酸(H2SO4)」1つしかない。

硫酸と何かを反応させる反応を見たら、まずは揮発酸遊離反応を疑ってみよう。


スポンサーリンク

揮発酸遊離反応まとめ

最後に、揮発酸遊離反応を一般式にしてみよう。

揮発性の酸由来の塩 + 不揮発性の酸
→ 不揮発性の酸由来の塩 + 揮発性の酸
Point!

揮発性の酸由来の塩と不揮発性の酸(超高確率でH2SO4)を反応させると不揮発性の酸と不揮発性の酸由来の塩になる。よく覚えておこう。


スポンサーリンク

関連:無機化学の勉強法と参考書。

無機化学はきちんとした勉強法と参考書で勉強していけば、誰しも成果を出すことができる分野。化学のグルメでは、無機化学を学ぶ上でオススメの勉強法や参考書、問題集を多く紹介している。是非自分の勉強の方針を決める参考にしてほしい。

  • 【大学受験】無機化学のオススメ勉強法・参考書・問題集を一挙紹介!
  • 『福間の無機化学の講義』暗記から解放!日本最高レベルの無機参考書の使い方をレビュー。
  • 『橋爪のゼロから劇的!にわかる 無機・有機化学の授業』初学者にオススメの参考書の使い方をレビュー。
  • 『岡野の化学が初歩からしっかり身につく』超絶人気参考書の使い方をレビュー。
  • 『宇宙一わかりやすい高校化学(無機化学)』イラスト豊富な無機参考書の使い方をレビュー。
  • 化学のグルメ「【Youtube】ショートアニメーション講義」

  • スポンサーリンク

    関連:まとめプリント、作りました。

    化学のグルメオリジナルテキスト「無機化学攻略セット(まとめプリント・ドリル)」の販売を開始しました!

    入試頻出事項を網羅したまとめプリントとそれを定着させるためのドリルを使って、苦手な人の多い無機の暗記を攻略できる構成になっています。詳細は【公式】無機化学攻略セット(まとめノート・ドリル)にて!


    スポンサーリンク