スポンサーリンク

弱酸・弱塩基遊離反応

今回は、酸塩基反応のなかでも頻出の「弱酸遊離反応」「弱塩基遊離反応」について説明していこう。

弱酸遊離反応

弱酸を含む塩と強酸を反応させると、強酸を含む塩と弱酸が生成する。つまり、「弱酸が遊離する」わけだね。
このように塩の状態から弱酸を遊離させる反応を「弱酸遊離反応」というんだ。

例を挙げてみよう。

Na2CO3+2HCl→2NaCl+H2CO3(CO2+H2O)

式中の「Na2CO3」が弱酸を含む塩、「H2CO3」が弱酸だ。Na2CO3に強酸であるHClを反応させることで、H2CO3を遊離させているね。

弱酸遊離反応の反応式は、左側の出発物質(Na2CO3とHCl)を見て一人で作れなければならない。
これから弱酸遊離反応式の作り方を説明するので、是非マスターしてもらいたい。


スポンサーリンク

弱酸遊離反応式の作り方

先ほど例で使ったNa2CO3とHClの反応を使って説明していこう

STEP1

まずは、弱酸を含む塩と強酸、それぞれについて電離式を書いていく。

弱酸を含む塩 Na2CO3→2Na++CO32ー
強酸 HCl→H++Cl

STEP2

次に、電離した陽イオンと陰イオンで新しいペアをつくっていく。


スポンサーリンク

弱塩基遊離反応

弱塩基を含む塩と強塩基を反応させると、強塩基を含む塩と弱塩基が生成する。つまり「弱塩基が遊離する」わけだね。
このように塩の状態から弱塩基を遊離させる反応を「弱塩基遊離反応」というんだ。

例を挙げてみよう。

2NH4Cl+Ca(OH)2→CaCl2+2NH3+2H2O

式中の「NH4Cl」が弱塩基を含む塩、「NH3」が弱酸だ。
NH4Clに強塩基であるCa(OH)を反応させることで、NH3を遊離させているね。


スポンサーリンク

関連:無機化学の勉強法と参考書。

無機化学はきちんとした勉強法と参考書で勉強していけば、誰しも成果を出すことができる分野。化学のグルメでは、無機化学を学ぶ上でオススメの勉強法や参考書、問題集を多く紹介している。是非自分の勉強の方針を決める参考にしてほしい。

  • 【大学受験】無機化学のオススメ勉強法・参考書・問題集を一挙紹介!
  • 『福間の無機化学の講義』暗記から解放!日本最高レベルの無機参考書の使い方をレビュー。
  • 『橋爪のゼロから劇的!にわかる 無機・有機化学の授業』初学者にオススメの参考書の使い方をレビュー。
  • 『岡野の化学が初歩からしっかり身につく』超絶人気参考書の使い方をレビュー。
  • 『宇宙一わかりやすい高校化学(無機化学)』イラスト豊富な無機参考書の使い方をレビュー。

  • スポンサーリンク

    関連:動画で学ぼう。

    化学のグルメのYoutubeチャンネルでは「ショートアニメーション」を使った解説を行っています。1〜2分程度の最高にコンパクトな動画で高校化学の各項目を素早く復習することができます。是非ご参照あれ!


    スポンサーリンク

     

    MAIN


    SNS


    OTHER