KIMIKA!|基礎から学ぶ高校化学

リンの単体と化合物の性質・製法

約 4 分
スポンサーリンク

単体

リンの単体には黄リンP4と赤リンPの2種類が存在する。
これら2つは、同じリン元素からできているため「同素体」の関係にあるが、様々な点で違いがある。

まずは、それぞれの特徴をまとめた次の表を見てみよう。
  

黄リン 赤リン
化学式 P4
(分子式)
P
(組成式)
構造 正四面体 無定形
毒性 あり なし
その他特徴 自然発火する
(水中に保存)
真空中で加熱すると赤リンに
マッチの箱の横に付いているヤツ

まずは、化学式に注目。
黄リンはP原子4つから成り立っているので分子式P4で表すのに対し、赤リンは無数のPが集まってできているので組成式Pで表す。

また、毒性についても決定的な違いがある。
黄リンは毒性を示すが、赤リンは示さないんだ。
これは重要な違いなので、よく覚えておこう。

スポンサーリンク

化合物

酸化物「十酸化四リンP4O10

黄リンや赤リンを空気中で燃焼させると、白色粉末の酸化物が生成する。
これが十酸化四リンP4O10だ。

十酸化四リンは潮解性があり吸湿性が極めて高いため、中性の乾燥剤として用いられる。
(乾燥剤に関して詳しいことは「目指せ乾燥剤マスター!高校化学で出てくる酸性・中性・塩基性の乾燥剤の一覧や分類・仕組みを徹底解説!!」を見てみてね!)

オキソ酸「リン酸H3PO4

リンを含むオキソ酸として有名なのは、リン酸H3PO4だ。

リン酸は、十酸化四リンに水を加えて加熱すると生じる。

P4O10 + 6H2O → 4H3PO4

リン酸を含む塩で有名なのは次の3つ。
  

リン酸イオン
PO43-
リン酸水素イオン
HPO42-
リン酸二水素イオン
H2PO4
Ca2+ リン酸カルシウム
Ca3(PO4)2
リン酸水素カルシウム
CaHPO4
リン酸二水素カルシウム
Ca(H2PO4)2

リン酸カルシウムCa3(PO4)2は骨や歯の主成分で、リン酸二水素カルシウムCa(H2PO4)2はCaSO4と混合して肥料などに用いられる。

また、Ca(H2PO4)2とCaSO4の混合物は過リン酸石灰と 呼ばれており、これを作る反応式は以下の通り。

Ca3(PO4)2 + 2H2SO4 → Ca(H2PO4)2 + 2CaSO4

スポンサーリンク

スポンサーリンク