はじめに

このページでは、ビニロンについて、構造や合成法、その他入試頻出事項などを紹介していく。ぜひこの機会にビニロンをマスターして他の受験生と差をつけよう!


スポンサーリンク

ビニロンとは

ビニロンは次のような構造をもつセルロース(木綿)によく似た線維である。

ビニロンは1939年に桜田一郎が発明した日本発の合成繊維であり、ロープや魚網などに用いられている。

ビニロンの合成

STEP1 アセチレンに酢酸を付加
→酢酸ビニルが生成
STEP2 酢酸ビニルを付加重合する
STEP3 けん化してポリビニルアルコールをつくる
STEP4 ポリビニルアルコールのヒドロキシ基をホルムアルデヒドと反応させ、一部アセタール化する
Point!

ビニロンの合成反応については上記の手順を覚えておくようにしよう。

STEP1

アセチレンに酢酸を付加し酢酸ビニルを得る

まず、アセチレンに酢酸を付加し酢酸ビニルを得る。

STEP2

酢酸ビニルを付加重合する

次に、酢酸ビニルを付加重合する。

STEP3

けん化してポリビニルアルコールをつくる

次に、けん化してポリビニルアルコールをつくる。

ポリビニルアルコールは親水基を多くもつため、水によく溶けてコロイド溶液となる。

STEP4

ポリビニルアルコールのヒドロキシ基をホルムアルデヒドと反応させ、一部アセタール化する

最後に、ポリビニルアルコールのヒドロキシ基をホルムアルデヒドと反応させ、一部アセタール化する。

関連:計算ドリル、作りました。

化学のグルメオリジナル計算問題集「理論化学ドリルシリーズ」を作成しました!

モル計算や濃度計算、反応速度計算など入試頻出の計算問題を一通りマスターできるシリーズとなっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


スポンサーリンク