KIMIKA!|基礎から学ぶ高校化学

単体

Tagged
ケイ素の単体と化合物の性質・製法
単体 工業的製法 ケイ素の単体は天然には存在しないため、ケイ砂(主成分:SiO2)をコークスとともに加熱することにより粗製のケイ素(不純物を含むケイ素)を作り、それを精製することで純度の高いケイ素の単体を得る。 SiO2 + 2C → Si...
鉄の単体・化合物の性質や特徴・製法・イオンの色など完全まとめ!!
鉄の単体 【性質1】イオン化傾向が大きい 鉄の単体は、水素H2よりもイオン化傾向が大きく、希酸(塩酸や希硫酸など)とも反応してH2を発生する。 スポンサーリンク 【性質2】不動態を形成 鉄の単体は、濃硝酸NHO3と反応して不動態を形成する。...
炭素Cの単体・化合物の性質・製法
単体の分類    黒鉛 ダイヤモンド フラーレン 化学式 C(化学式) C(組成式) C60,C70(,C80) 色 黒色 無色透明 構造 C原子により形成された6角形の層が分子間力で結合 C原子が四面体の頂点方向に共有結合 C原子がサッカ...
酸素の単体と化合物の性質・製法
単体 酸素には、二種類の同素体が存在する。    酸素 オゾン 化学式 O2 O3 構造 色 無色 淡青色 におい 無臭 特異臭 酸化力 あり あり 製法 酸化物の分解液体空気の分留 無声放電紫外線照射 その他性質 助燃性あり 紫外線を吸収...
リンの単体と化合物の性質・製法
単体 リンの単体には黄リンP4と赤リンPの2種類が存在する。 これら2つは、同じリン元素からできているため「同素体」の関係にあるが、様々な点で違いがある。 まずは、それぞれの特徴をまとめた次の表を見てみよう。    黄リン 赤リン 化学式 ...
硫黄の単体と化合物の性質・製法
単体    斜方硫黄 単斜硫黄 ゴム状硫黄 化学式 S8 S8 S 構造 環状 環状 高分子 特徴 黄色 八面体状結晶 安定 黄色 針状結晶 不安定 放置すると斜方硫黄になる 弾性あり 硫黄の単体として一番基本的なのは斜方硫黄。 黄色の八面...
銅の単体・酸化物・銅原子を含む塩の性質や製法について完全解説!
単体の性質 銅の単体の性質として知っておいてほしいのは上の5つ。 順番に確認していこう。 スポンサーリンク 展性・延性がある 銅の単体は、展性・延性をもつ。 これらは銅だけでなくあらゆる金属に共通する性質だが、銅は特にこの性質が強い。 よく...
窒素の単体と化合物の性質・製法
単体 窒素の単体について、知っておかなければいけないことは次の4つ。 空気中に多く含まれる 空気を構成する気体の約80%は窒素だ。 次に多いのが酸素O2、その次がアルゴンAr、残りの1%程度は様々な気体が混ざったもので構成されている。 無色...
アルカリ金属(1族)の単体・化合物の性質や製法まとめ!
アルカリ金属とは アルカリ金属とは、水素H以外の1族元素の総称だ。 これ以降で、これらの元素の単体の性質、水酸化物・酸化物・塩の性質や製法などを学んでいく。 中でもナトリウムの水酸化物NaOHの製法である陽イオン交換膜法や、ナトリウムの塩の...
元素と単体の違い
はじめに 今回は、大学入試やセンター試験、定期テストで頻出の元素と単体の違いを問う問題について解説していこう。 はじめに元素・単体それぞれについて説明したあと、具体例を出しながらその“違い”について触れていく。 スポンサーリンク 元素とは ...