はじめに

単体・化合物・純物質・混合物の違いがわからない!という高校生はかなり多い。このページでは、単体・化合物・純物質・混合物それぞれの定義と具体例、違いなどについて一から説明していく。テスト頻出事項でもあるのでこの機会にぜひ理解しておこう!


スポンサーリンク

物質の分類

まずはじめに、単体・化合物・純物質・混合物の関係を一覧表で示しておく。

物質は大きく純物質と混合物に分けることができ、純物質はさらに単体と化合物に分類できる。

それでは順番に解説していこう。

純物質

純物質とは1つの化学式で表すことができる物質である。

例としては、酸素(O2)・水(H2O)・グルコース(C6H12O6)などが挙げられる。

単体とは

単体とは純物質のうち1種類の元素のみで構成されている物質である。

例としては、酸素(O2)・水素(H2)・窒素(N2)などが挙げられる。

化合物とは

化合物とは純物質のうち2種類以上の元素から構成されている物質である。

例としては水(H2O)・二酸化炭素(CO2)・塩化水素(HCl)・グルコース(C6H12O6)などが挙げられる。


スポンサーリンク

混合物とは

混合物とは複数の純物質が混ざってできた物質である。

例としては、空気(N2+O2+Ar+・・・)、海水(H2O+NaCl+MgCl2+・・・)、石油、牛乳、ハンダ、花崗(カコウ)岩、青銅などが挙げられる。

まとめ

最初に示した表をもう一度確認しよう。


スポンサーリンク

演習問題

問1

酸素O2は単体・化合物・混合物のどれに分類されるか。

【問1】解答/解説:タップで表示
解答:単体

O2は1種類の元素(O)で構成されているため純物質の単体である。

問2

水H2Oは単体・化合物・混合物のどれに分類されるか。

【問2】解答/解説:タップで表示
解答:化合物

H2Oは2種類の元素(HとO)で構成されているため純物質の化合物である。

問3

グルコースC6H12O6は単体・化合物・混合物のどれに分類されるか。

【問3】解答/解説:タップで表示
解答:化合物

C6H12O6は3種類の元素(CとHとO)で構成されているため純物質の化合物である。

問4

海水は単体・化合物・混合物のどれに分類されるか。

【問4】解答/解説:タップで表示
解答:混合物

海水はH2O・NaCl・MgCl2などの純物質が混ざっているものなので混合物である。


スポンサーリンク

関連:入試で問われる知識を。

元素と単体の違いは、入試超頻出事項。化合物や混合物との違い以上に重要なのでぜひ押さえておこう。

  • 元素と単体の違い
  • (これもオススメ!)【大学受験】理論化学のオススメ勉強法・参考書・問題集を大公開!
  • 化学のグルメ「【Youtube】ショートアニメーション講義」

  • スポンサーリンク

    関連:問題集、作りました。

    化学のグルメオリジナル問題集「理論化学ドリルシリーズ」の販売を開始しました!

    モル計算や濃度計算、気体計算など多くの人が苦手とする分野の計算解法が詰まった問題集になっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


    スポンサーリンク

     

    MAIN


    SNS


    OTHER