電子式とは

電子式とは、最外殻電子をマルポチ(・)で表した式である。

元素名(記号) 原子番号 最外殻電子数 電子式
炭素(C)
窒素(N)
酸素(O)
フッ素(F)

電子式を書くときのルール

電子式を書く際には、守らなくてはいけない2つのルールがある。

STEP1 1つの辺に電子は2コまで
STEP2 まず全ての辺に1コ入れてから2コ目を入れる
Point!

ルール1

1つの辺に電子は2つまで

電子式を書くときは、アルファベット(元素記号)は1つの四角形であり、上下左右に”4つの辺”があると考える。

この時、1つの辺に入れる電子は「2つまで」でなければならない。

ルール2

まずすべての辺に1コずつ入れてから2コ目を入れる

ルール1の通り1つの辺には2つまで電子を入れることができるが、2つ目を入れるときは「すべての辺に既に1コずつ電子が入った状態」でなければならない。

不対電子・電子対

電子式に書かれている電子のうち、2つの電子がペアになっているものを電子対、1つで存在しているものを不対電子という。

分子の電子式

原子だけではなく、原子同士が共有結合してできた“分子”についても電子式で表すことができる。

分子の電子式に含まれる電子対のうち、2つの原子が不対電子を1コずつ出し合うことで形成される電子対を共有電子対、1つの原子が持つ電子のみで形成される電子対を非共有電子対という。また、基本的に原子は不対電子の数だけ結合の手をもつことになり、この結合の手の数を原子価という。

電子式一覧

最後に、原子番号1〜18(第1周期〜第3周期)の原子の電子式を一覧表にまとめておこう。

元素名(記号) 原子番号 最外殻電子数 電子式
水素(H)
ヘリウム(He)
リチウム(Li)
ベリリウム(Be)
ホウ素(B)
炭素(C)
窒素(N)
酸素(O)
フッ素(F)
ネオン(Ne) 10
ナトリウム(Na) 11
マグネシウム(Mg) 12
アルミニウム(Al) 13
ケイ素(Si) 14
リン(P) 15
硫黄(S) 16
塩素(Cl) 17
アルゴン(Ar) 18

関連:計算ドリル、作りました。

化学のグルメオリジナル計算問題集「理論化学ドリルシリーズ」を作成しました!

モル計算や濃度計算、反応速度計算など入試頻出の計算問題を一通りマスターできるシリーズとなっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


スポンサーリンク