KIMIKA!|基礎から学ぶ高校化学

電子式

約 4 分
スポンサーリンク

電子式とは

電子式とは、「最外殻電子をマルポチ(・)で表した式」のことだ。

例を挙げるとこんな感じ。
  

元素記号 最外殻電子 電子式
C
N
O
F

スポンサーリンク

電子式を書くときのルール

電子式を書く際には、守らなくてはいけない2つのルールがある。

ルール1

1つの辺に電子は2つまで

1つの辺に入れることのできる電子は「2つまで」だ。

スポンサーリンク

ルール2

まずすべての辺に1コずつ入れてから2コ目を入れる

ルール1の通り、1つの辺には2つまで電子を入れることができるが、2つ目を入れるときは「すべての辺に既に1コずつ電子が入った状態」でなければならない。

スポンサーリンク

電子式と共有結合

共有結合は「2つの原子が電子を出し合うことによって作られる結合」だ。
従って、電子式を使って表すことができる。

電子式と共有結合について詳しいことは共有結合とは?例を挙げて特徴やイオン結合・配位結合との違いを解説!で確認しよう。

スポンサーリンク

電子式一覧

さまざまな原子の電子式を紹介しておこう。
  

元素記号 最外殻電子 電子式
H
(第1周期)
He
(第1周期)
Li
(第2周期)
Be
(第2周期)
B
(第2周期)
C
(第2周期)
N
(第2周期)
O
(第2周期)
F
(第2周期)
Ne
(第2周期)
Na
(第3周期)
Mg
(第3周期)
Al
(第3周期)
Si
(第3周期)
P
(第3周期)
S
(第3周期)
Cl
(第3周期)
Ar
(第3周期)

スポンサーリンク

スポンサーリンク