はじめに

ヨウ素価の計算は定期テストや入試で頻出。けん化価の計算と合わせてしっかり頭に入れておこう!(けん化価について詳しくはけん化価とは?定義から分子量を使った計算問題、ヨウ素価との違いまで徹底解説!を参照)


スポンサーリンク

ヨウ素価とは

ヨウ素価とは油脂100gに付加するヨウ素のg数である。

ヨウ素価を求める計算

ここで、油脂1分子に含まれる二重結合(C=C)の数をa個とすると、付加反応は次のように考えることができる。

この反応において、油脂1molに対してI2がamol必要なので、油脂の分子量をM(g/mol)とするとヨウ素価は次のように表すことができる。

\[
\begin{align}
ヨウ素価&=\frac{ I_{ 2 }(g)}{ 油脂(g) }×100\\
&=\frac{ a(mol)×254(g/mol) }{ 1(mol)×M(g/mol) }×100\\
&=\frac{ 2.54a×10^{4} }{ M }
\end{align}
\]

それではこの式を使って次の例題を解いてみよう。

問題

分子量78、二重結合の数が6個の油脂のヨウ素価を求めなさい。

問題文で油脂の分子量と二重結合の数が与えられているので、それらを先ほどのヨウ素価の式に代入すると…

\[
\begin{align}
ヨウ素価&=\frac{ 2.54a×10^{4} }{ M }\\
&=\frac{ 2.54×6×10^{4} }{ 878 }\\
&≒174
\end{align}
\]

ヨウ素価は174となる。

PLUS+

ヨウ素価の式をもう一度確認しよう。

\[
ヨウ素価=\frac{ 2.54a×10^{4} }{ M }
\]

式から分かるように、ヨウ素価は油脂の二重結合の数に比例し、分子量に反比例する。

これは、けん化価が油脂の分子量に反比例することと合わせて正確に覚えておこう。(けん化価について詳しくはけん化価とは?定義から分子量を使った計算問題、ヨウ素価との違いまで徹底解説!を参照)

演習問題

問1

ヨウ素価とは何か。定義を答えなさい。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:以下参照

ヨウ素価とは油脂100gに付加するヨウ素のg数である。

問2

ヨウ素価は油脂中の何の数に比例するか。
【問2】解答/解説:タップで表示
解答:二重結合

ヨウ素価は油脂中の二重結合(C=C)の数に比例する。

問3

分子量1000、1分子中の二重結合の数が10個の油脂のヨウ素価を求めなさい。
【問3】解答/解説:タップで表示
解答:254

問題文に分子量1000、1分子中の二重結合の数が10個と書かれているので、これらをヨウ素価の公式に代入すると…

ヨウ素価は254である。

問4

分子量878.2の油脂100gに付加するヨウ素は173.7gであった。この油脂1分子中の二重結合の数を求めなさい。
【問4】解答/解説:タップで表示
解答:6個

油脂100gに付加するヨウ素とはすなわちヨウ素価のことなので、この油脂のヨウ素価は173.7である。
従って、次のような式をたてることができる。

よって、この油脂の二重結合の数は6個である。

関連:有機化学、まとめました。

数多くの要望にお応えし、化学のグルメオリジナル「有機化学攻略セット」を作成しました!

CHEM ZINE(有機化学 ver.)+有機化学ドリルの組み合わせで大学入試や定期テストで頻出の有機化学暗記事項を一通りマスターできるセットとなっています。詳細は【公式】有機化学攻略セットにて!


スポンサーリンク