はじめに

大学入試で頻出のオキソ酸。
しかし、授業でオキソ酸に時間を割く高校は意外と少なく、苦手とする受験生が多い。
ここでは、オキソ酸の強さや構造、酸化数などについて基礎から丁寧に解説していくので、これを読んでぜひ「オキソ酸マスター」になってもらいたい。


スポンサーリンク

オキソ酸とは

まずは、オキソ酸とは何か、というところから説明していこう。

オキソ酸とは、酸素原子Oを含む酸のことだ。

例としては上のようなものが挙げられる。

オキソ酸一覧

高校化学で頻出のオキソ酸をまとめておこう。

Clを含むもの

  

名称 化学式
次亜塩素酸 HClO
亜塩素酸 HClO2
塩素酸 HClO3
過塩素酸 HClO4

Sを含むもの

  

名称 化学式
亜硫酸 H2SO3
硫酸 H2SO4

Nを含むもの

  

名称 化学式
亜硝酸 HNO2
硝酸 HNO3

Pを含むもの

  

名称 化学式
リン酸 H3PO4

Cを含むもの

  

名称 化学式
炭酸 H2CO3

Siを含むもの

  

名称 化学式
ケイ酸 H2SiO3

スポンサーリンク

オキソ酸の強さ

オキソ酸の強さには、次のような特徴がある。

オキソ酸の酸としての強さは、「含まれる酸素原子の数が増えるほど強くなる」んだ。

例えば、Clを含むオキソ酸を強い順に並べると次のようになる。

ちなみに、酸素原子が増えるということは「中心元素の酸化数が(負の方向に)大きくなる」ということも理解しておこう。

オキソ酸の構造

オキソ酸は、中心元素に酸素原子Oが配位結合することにより形成されている。

先ほどオキソ酸一覧のところに挙げたオキソ酸の構造を以下にまとめておくので、よく確認しておこう。

  

オキソ酸 構造
HClO
HClO2
HClO3
HClO4
H2SO3
H2SO4
HNO2
HNO3
H3PO4
H2CO3
H2SiO3

スポンサーリンク

関連:無機化学の勉強法と参考書。

無機化学はきちんとした勉強法と参考書で勉強していけば、誰しも成果を出すことができる分野。化学のグルメでは、無機化学を学ぶ上でオススメの勉強法や参考書、問題集を多く紹介している。是非自分の勉強の方針を決める参考にしてほしい。

  • 【大学受験】無機化学のオススメ勉強法・参考書・問題集を一挙紹介!
  • 『福間の無機化学の講義』暗記から解放!日本最高レベルの無機参考書の使い方をレビュー。
  • 『橋爪のゼロから劇的!にわかる 無機・有機化学の授業』初学者にオススメの参考書の使い方をレビュー。
  • 『岡野の化学が初歩からしっかり身につく』超絶人気参考書の使い方をレビュー。
  • 『宇宙一わかりやすい高校化学(無機化学)』イラスト豊富な無機参考書の使い方をレビュー。
  • 化学のグルメ「【Youtube】ショートアニメーション講義」

  • スポンサーリンク

    関連:問題集、作りました。

    化学のグルメオリジナル問題集「理論化学ドリルシリーズ」の販売を開始しました!

    モル計算や濃度計算、気体計算など多くの人が苦手とする分野の計算解法が詰まった問題集になっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


    スポンサーリンク

     

    MAIN


    SNS


    OTHER