はじめに

けん化価の計算は定期テストや入試で頻出。ヨウ素価の計算と合わせてしっかり頭に入れておこう!(ヨウ素価についてはヨウ素価とは?定義から分子量・二重結合数を使った計算問題、けん化価との違いまで!を参照)


スポンサーリンク

けん化価とは

けん化価とは油脂1gをけん化(=油脂を水酸化カリウムなどのアルカリで加水分解すること)するのに必要な水酸化カリウムのmg数である。

\[
けん化価=\frac{ KOH(mg)}{ 油脂(g) }
\]

けん化価の計算

油脂の水酸化カリウム(KOH)によるけん化は次の反応式で表すことができる。

\[
C_{3}H_{5}(OCOR)_{3}+3KOH→C_{3}H_{5}(OH)_{3}
\]

この反応において、係数比より、油脂1molはKOH3molと反応するので、油脂の分子量をM(g/mol)とすると…

\[
\begin{align}
けん化価&=\frac{ KOH(mg)}{ 油脂(g) }\\
&=\frac{ 3(mol)×56(g/mol)×1000}{ 1(mol)×M(g/mol) }\\
&=\frac{ 1.68×10^{5} }{ M }
\end{align}
\]

けん化価はこのように表すことができる。

それではこの式を用いて次の例題を解いてみよう。

問題

分子量が600の油脂のけん化価を求めよ。

分子量が600と書かれているので、これを先ほどの式のMに600を代入すれば良い。

\[
\begin{align}
けん化価&=\frac{ 1.68×10^{5} }{ M }\\
&=\frac{ 1.68×10^{5} }{ 600 }\\
&=280
\end{align}
\]

よって、この油脂のけん化価は280である。

PLUS+

けん化価の式をもう一度確認しよう。

\[
けん化価=\frac{ 1.68×10^{5} }{ M }
\]

式を見てわかるように、けん化価は油脂の分子量Mに反比例する。
ヨウ素価が「二重結合の数に“比例”する」ことと混同しやすいので注意しよう。

演習問題

問1

けん化価とは何か。定義を答えなさい。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:下記参照

けん化価とは油脂1gをけん化(=油脂を水酸化カリウムなどのアルカリで加水分解すること)するのに必要な水酸化カリウムのmg数である。

問2

分子量450の油脂と600の油脂のけん化価を比較するとどちらが大きいか。
【問2】解答/解説:タップで表示
解答:分子量450の油脂

けん化価は油脂の分子量に反比例する。従って、分子量450の油脂のけん化価と分子量600の油脂のけん化価を比較すると分子量450の油脂のけん化価の方が大きい。

問3

分子量300の油脂のけん化価を求めなさい。
【問3】解答/解説:タップで表示
解答:560

けん化価を求める公式に今回の油脂の分子量300を代入すると…

けん化価は560となる。

関連:有機化学、まとめました。

数多くの要望にお応えし、化学のグルメオリジナル「有機化学攻略セット」を作成しました!

CHEM ZINE(有機化学 ver.)+有機化学ドリルの組み合わせで大学入試や定期テストで頻出の有機化学暗記事項を一通りマスターできるセットとなっています。詳細は【公式】有機化学攻略セットにて!


スポンサーリンク