はじめに

けん化価の計算は定期テストや入試で頻出。ヨウ素価の計算と合わせてしっかり頭に入れておこう!(ヨウ素価についてはヨウ素価とは?定義から分子量・二重結合数を使った計算問題、けん化価との違いまで!を参照)


スポンサーリンク

けん化価とは

けん化価とは油脂1gをけん化(=油脂を水酸化カリウムなどのアルカリで加水分解すること)するのに必要な水酸化カリウムのmg数である。


スポンサーリンク

けん化価の計算

油脂の水酸化カリウム(KOH)によるけん化は次の反応式で表すことができる。

この反応において、係数比より、油脂1molはKOH3molと反応するので、油脂の分子量をM(g/mol)とすると…

けん化価はこのように表すことができる。

それではこの式を用いて次の例題を解いてみよう。

例題

分子量が600の油脂のけん化価を求めよ。

分子量が600と書かれているので、これを先ほどの式のMに600を代入すれば良い。

よって、この油脂のけん化価は280である。

注意

けん化価の式をもう一度確認しよう。

式を見てわかるように、けん化価は油脂の分子量Mに反比例する。
ヨウ素価が「二重結合の数に“比例”する」ことと混同しやすいので注意しよう。


スポンサーリンク

演習問題

問1

けん化価とは何か。定義を答えなさい。

【問1】解答/解説:タップで表示
解答:以下参照

けん化価とは油脂1gをけん化(=油脂を水酸化カリウムなどのアルカリで加水分解すること)するのに必要な水酸化カリウムのmg数である。

問2

分子量450の油脂と600の油脂のけん化価を比較するとどちらが大きいか。

【問2】解答/解説:タップで表示
解答:分子量450の油脂

けん化価は油脂の分子量に反比例する。従って、分子量450の油脂のけん化価と分子量600の油脂のけん化価を比較すると分子量450の油脂のけん化価の方が大きい。

問3

分子量300の油脂のけん化価を求めなさい。

【問3】解答/解説:タップで表示
解答:560

けん化価を求める公式に今回の油脂の分子量300を代入すると…

けん化価は560となる。


スポンサーリンク

関連:有機化学の勉強法と参考書。

有機化学はきちんとした勉強法と参考書で勉強していけば、誰しも成果を出すことができる分野。化学のグルメでは、有機化学を学ぶ上でオススメの勉強法や参考書、問題集を多く紹介している。是非自分の勉強の方針を決める参考にしてほしい。

  • 【大学受験】有機化学のオススメ勉強法・参考書・問題集まとめ!
  • 『鎌田の有機化学の講義』有機はこれで決まり!超人気参考書の使い方をレビュー。
  • 『橋爪のゼロから劇的!にわかる 無機・有機化学の授業』初学者にオススメの参考書の使い方をレビュー。
  • 『岡野の化学が初歩からしっかり身につく』超絶人気参考書の使い方をレビュー。
  • 『宇宙一わかりやすい高校化学(有機化学)』新進気鋭の有機参考書の使い方をレビュー。
  • 化学のグルメ「【Youtube】ショートアニメーション講義」

  • スポンサーリンク

    関連:問題集、作りました。

    化学のグルメオリジナル問題集「理論化学ドリルシリーズ」の販売を開始しました!

    モル計算や濃度計算、気体計算など多くの人が苦手とする分野の計算解法が詰まった問題集になっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


    スポンサーリンク

     

    MAIN


    SNS


    OTHER