はじめに

DNAの二重らせん構造についてきちんとした知識を持っている高校生は意外と少ない。このページではDNAの二重らせん構造のポイントである核酸塩基の組み合わせや水素結合の数、二重らせん構造の二本鎖をほどく方法について解説する。ぜひこの機会にDNAの二重らせん構造をマスターして他の受験生と差をつけよう!


スポンサーリンク

二重らせん構造

2本のDNA鎖は、チミン(T)とアデニン(A)、グアニン(G)とシトシン(C)の間にある水素結合によって二重らせん構造を形成する。

塩基の組み合わせ

DNAガ二重らせん構造を形成する際の塩基の組み合わせは以下で固定である。

・チミン(T)とアデニン(A)
・グアニン(G)とシトシン(C)

必ずセットで覚えておくようにしよう。

また、チミン(T)とアデニン(A)間の水素結合は2本、グアニン(G)とシトシン(C)間の水素結合は3本になっていることも併せて覚えておこう。


スポンサーリンク

二重らせん構造のほどき方

DNAの二重らせん構造はDNAヘリカーゼと呼ばれる酵素によってほどかれる。タンパク質の合成の際に重要になるので必ず覚えておこう。


スポンサーリンク

関連:有機化学の勉強法と参考書。

有機化学はきちんとした勉強法と参考書で勉強していけば、誰しも成果を出すことができる分野。化学のグルメでは、有機化学を学ぶ上でオススメの勉強法や参考書、問題集を多く紹介している。是非自分の勉強の方針を決める参考にしてほしい。

関連:有機化学、まとめました。

数多くの要望にお応えし、化学のグルメオリジナル「有機化学攻略セット」を作成しました!

CHEM ZINE(有機化学 ver.)+有機化学ドリルの組み合わせで大学入試や定期テストで頻出の有機化学暗記事項を一通りマスターできるセットとなっています。詳細は【公式】有機化学攻略セットにて!


スポンサーリンク