スポンサーリンク

鉄メッキの分類

鉄Feはとても錆びやすいため、日常で使うものに用いるときには”めっき”と呼ばれる加工をすることが多い。

高校生が鉄のめっきで知っておかなければいけないのはブリキとトタンの2種類。

ブリキは鉄の表面をスズで覆ったもので、鉄で作られたおもちゃや缶詰などの加工に用いられる。また、トタンは鉄の表面を亜鉛で覆ったもので、鉄の板で作られた屋根の加工などに用いられる。


スポンサーリンク

トタンめっきの仕組み

繰り返すが、トタンは鉄の表面を亜鉛Znで覆ったものである。

これからなぜZnによるメッキに効果があるのかというのを説明していこう。

トタンは主に屋根に「トタン屋根」として用いられているので、(外の雨風に晒され)傷がつくことが多い。

傷ついた部分に雨水などの水滴が付くと…

FeとZnのイオン化傾向を比較すると、Znの方が大きい。
従って、Znが優先的に溶け出して亜鉛イオンZn2+となる。
その結果、鉄がイオンになって溶ける(=錆びる)ことを防ぐことができる。


スポンサーリンク

ブリキめっきの仕組み

ブリキは、鉄の表面をスズSnで覆ったものである。

SnとFeのイオン化傾向を比較すると、Feの方が大きい。
従って、傷がついてそこに水が付着すると先に溶け出すのはFeということになる。

Feの方が先に溶けてしまうんじゃ意味がないじゃないか!と思った人、そんなことはない。
Snはトタンで使われていたZnよりもイオン化傾向が小さいため、傷が付いていない状態では水がついても溶けにくい。従って、(屋根などの)傷が付く危険性が高い場所でないところ:おもちゃや缶詰などにおいては亜鉛よりもスズが用いられる。


スポンサーリンク

まとめ

トタン ブリキ
通常時の強度 弱い 強い
傷がつき水が付着したとき Znが溶ける
(=鉄が錆びにくい)
Feが溶ける
(=鉄が錆びやすい)
用途 屋根 おもちゃ・缶詰

スポンサーリンク

関連:無機化学の勉強法と参考書。

無機化学はきちんとした勉強法と参考書で勉強していけば、誰しも成果を出すことができる分野。化学のグルメでは、無機化学を学ぶ上でオススメの勉強法や参考書、問題集を多く紹介している。是非自分の勉強の方針を決める参考にしてほしい。

  • 【大学受験】無機化学のオススメ勉強法・参考書・問題集を一挙紹介!
  • 『福間の無機化学の講義』暗記から解放!日本最高レベルの無機参考書の使い方をレビュー。
  • 『橋爪のゼロから劇的!にわかる 無機・有機化学の授業』初学者にオススメの参考書の使い方をレビュー。
  • 『岡野の化学が初歩からしっかり身につく』超絶人気参考書の使い方をレビュー。
  • 『宇宙一わかりやすい高校化学(無機化学)』イラスト豊富な無機参考書の使い方をレビュー。
  • 化学のグルメ「【Youtube】ショートアニメーション講義」

  • スポンサーリンク

    関連:まとめプリント、作りました。

    化学のグルメオリジナルテキスト「無機化学攻略セット(まとめプリント・ドリル)」の販売を開始しました!

    入試頻出事項を網羅したまとめプリントとそれを定着させるためのドリルを使って、苦手な人の多い無機の暗記を攻略できる構成になっています。詳細は【公式】無機化学攻略セット(まとめノート・ドリル)にて!


    スポンサーリンク

     

    MAIN


    SNS


    OTHER