一問一答

問1

全ての物質には固体・液体・気体の3つの状態が存在し、これらのことを【1】という。物質がどの状態をとるかは粒子間に働く【2】の大きさと【3】の激しさによって決定する。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:【1】物質の三態【2】分子間力【3】熱運動

物質の三態について詳しくは「【物質の三態】状態変化とは?原理や用語(凝縮・昇華等)を図を使って解説!」を確認しよう。

問2

物質を構成する粒子は常に運動を行っており、この運動のことを【1】という。基本的に【1】は【2】温になればなるほど大きくなる。
【問2】解答/解説:タップで表示
解答:【1】熱運動【2】高

物質の三態について詳しくは「【物質の三態】状態変化とは?原理や用語(凝縮・昇華等)を図を使って解説!」を確認しよう。

問3

物質の温度を高くすると熱運動は激しくなるため、分子の集合状態が固体→【1】→【2】と変化していく。これを【3】という。固体の場合は分子が【4】によりギュッと詰まった状態であり、狭い空間に分子が敷き詰められている。対して気体の場合、熱運動が激しく、【4】に打ち勝ち自由に空間を移動している。
【問3】解答/解説:タップで表示
解答:【1】液体【2】気体【3】状態変化【4】分子間力

物質の三態について詳しくは「【物質の三態】状態変化とは?原理や用語(凝縮・昇華等)を図を使って解説!」を確認しよう。

問4

物質の状態変化を表す用語は以下の通りである。

固体→液体:【1】
液体→固体:【2】
液体→気体:【3】
気体→液体:【4】
固体→気体:【5】
気体→固体:【6】

【問4】解答/解説:タップで表示
解答:【1】融解【2】凝固【3】蒸発【4】凝縮【5】昇華【6】昇華

物質の三態について詳しくは「【物質の三態】状態変化とは?原理や用語(凝縮・昇華等)を図を使って解説!」を確認しよう。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

MAIN


SNS


OTHER