【プロ講師解説】このページでは『タンパク質の分類(単純/複合/球状/繊維状タンパク質の違いなど)』について解説しています。解説は高校化学・化学基礎を扱うウェブメディア『化学のグルメ』を通じて6年間大学受験に携わるプロの化学講師が執筆します。


スポンサーリンク

組成(成分)による分類

アミノ酸のみからなるタンパク質を単純タンパク質、アミノ酸の他に糖類やリン酸、核酸、色素などを含むタンパク質を複合タンパク質という。

形状による分類

ポリペプチド鎖が折りたたまれ球状になったタンパク質を球状タンパク質という。球状タンパク質は親水コロイドであり、親水基を外側に、疏水基を内側に向けているため比較的水に溶けやすい。従って、生体内で生命活動を維持する働きを担っている。具体例としては血中に多く含まれるアルブミンや唾液中に存在するアミラーゼなどが挙げられる。

一方、複数のポリペプチド鎖が絡み合い束になっているタンパク質を繊維状タンパク質という。繊維状タンパク質は水に溶けにくく、皮膚や髪などの形成に役立っている。皮膚に含まれる繊維状タンパク質はコラーゲン、髪に含まれる繊維状タンパク質はケラチンと呼ばれる。

関連:紙の本に、なりました。

化学のグルメオンラインストアで販売していた「有機化学ドリル」が"紙の本"になりました。解答・解説編には大学入試頻出事項が網羅的にまとまっています。詳細は【公式】有機化学ドリルにて!


スポンサーリンク