アルキルベンゼンとは

アルキルベンゼンとはベンゼンにアルキル基(メチル基-CH3・エチル基-CH2CH3など)が置換した化合物である。今回はアルキルベンゼンの中でも特に重要であるトルエンとキシレンについて説明していこうと思う。


スポンサーリンク

トルエン

トルエンとは

トルエンとは、ベンゼンに1つのメチル基(-CH3)が置換した化合物である。

トルエンの製法

トルエンはベンゼンのメチル化によって得ることができる。

トルエンの反応

酸化反応

トルエンを酸化すると安息香酸が得られる。

ちなみに、ベンゼンをエチル基(-CH2CH3)で置換した“エチルベンゼン”も酸化されると安息香酸になる。

ニトロ化

トルエンをニトロ化すると、2-4-6トリニトロトルエンT.N.T)が得られる。


スポンサーリンク

キシレン

キシレンとは

キシレンとはベンゼンにメチル基(-CH3)が2つ置換した化合物のことである。

置換基がオルト(o)位についていればo-キシレン、メタ(m)位についていればm-キシレン、パラ(p)位についていればp-キシレンと呼ぶ。

キシレンの酸化反応と脱水反応

o-キシレンの酸化反応と脱水反応

o-キシレンを酸化するとフタル酸が、フタル酸を脱水すると無水フタル酸が得られる。

m-キシレンの酸化反応と脱水反応

m-キシレンを酸化するとイソフタル酸が得られる。

イソフタル酸は2つのカルボキシ基(-COOH)が離れた位置にあるので加熱しても脱水はおこらない。

p-キシレンの酸化反応と脱水反応

p-キシレンを酸化するとテレフタル酸が得られる。

テレフタル酸は(イソフタル酸と同様)2つのカルボキシ基(-COOH)が離れた位置にあるので加熱しても脱水はおこらない。


スポンサーリンク

関連:有機化学の勉強法と参考書。

有機化学はきちんとした勉強法と参考書で勉強していけば、誰しも成果を出すことができる分野。化学のグルメでは、有機化学を学ぶ上でオススメの勉強法や参考書、問題集を多く紹介している。是非自分の勉強の方針を決める参考にしてほしい。

  • 【大学受験】有機化学のオススメ勉強法・参考書・問題集まとめ!
  • 『鎌田の有機化学の講義』有機はこれで決まり!超人気参考書の使い方をレビュー。
  • 『橋爪のゼロから劇的!にわかる 無機・有機化学の授業』初学者にオススメの参考書の使い方をレビュー。
  • 『岡野の化学が初歩からしっかり身につく』超絶人気参考書の使い方をレビュー。
  • 『宇宙一わかりやすい高校化学(有機化学)』新進気鋭の有機参考書の使い方をレビュー。
  • 化学のグルメ「【Youtube】ショートアニメーション講義」

  • スポンサーリンク

    関連:問題集、作りました。

    化学のグルメオリジナル問題集「理論化学ドリルシリーズ」の販売を開始しました!

    モル計算や濃度計算、気体計算など多くの人が苦手とする分野の計算解法が詰まった問題集になっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


    スポンサーリンク

     

    MAIN


    SNS


    OTHER