KIMIKA!|基礎から学ぶ高校化学

アルキルベンゼン(トルエン・キシレン)の構造・製法・反応

約 3 分
スポンサーリンク

アルキルベンゼンとは

アルキルベンゼンとはベンゼンにアルキル基(メチル基-CH3・エチル基-CH2CH3など)が置換した化合物である。今回はアルキルベンゼンの中でも特に重要であるトルエンとキシレンについて説明していこうと思う。

スポンサーリンク

トルエン

トルエンとは

トルエンとは、ベンゼンに1つのメチル基(-CH3)が置換した化合物である。

トルエンの製法

トルエンはベンゼンのメチル化によって得ることができる。

トルエンの反応

酸化反応

トルエンを酸化すると安息香酸が得られる。

ちなみに、ベンゼンをエチル基(-CH2CH3)で置換した“エチルベンゼン”も酸化されると安息香酸になる。

ニトロ化

トルエンをニトロ化すると、2-4-6トリニトロトルエンT.N.T)が得られる。

スポンサーリンク

キシレン

キシレンとは

キシレンとはベンゼンにメチル基(-CH3)が2つ置換した化合物のことである。

置換基がオルト(o)位についていればo-キシレン、メタ(m)位についていればm-キシレン、パラ(p)位についていればp-キシレンと呼ぶ。

キシレンの酸化反応と脱水反応

o-キシレンの酸化反応と脱水反応

o-キシレンを酸化するとフタル酸が、フタル酸を脱水すると無水フタル酸が得られる。

m-キシレンの酸化反応と脱水反応

m-キシレンを酸化するとイソフタル酸が得られる。

イソフタル酸は2つのカルボキシ基(-COOH)が離れた位置にあるので加熱しても脱水はおこらない。

p-キシレンの酸化反応と脱水反応

p-キシレンを酸化するとテレフタル酸が得られる。

テレフタル酸は(イソフタル酸と同様)2つのカルボキシ基(-COOH)が離れた位置にあるので加熱しても脱水はおこらない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク