KIMIKA!|基礎から学ぶ高校化学

芳香族化合物

芳香族化合物に関する基礎事項を学ぶ学問

芳香族アミン(アニリン)の構造・製法・性質・反応
芳香族アミンとは 芳香族アミンとはベンゼン環にアミノ基(-NH2)が付いた化合物のことである。 高校化学で出てくる芳香族アミンの9割はアニリンであるため今回はアニリンに特化して説明していこうと思う。 スポンサーリンク アニリンの製法 アニリ...
芳香族カルボン酸(安息香酸・サリチル酸)の構造・製法・性質・反応
芳香族カルボン酸とは 芳香族カルボン酸とはベンゼン環にカルボキシ基(-COOH)が置換した化合物のことである。 スポンサーリンク 芳香族カルボン酸の種類 ・安息香酸 ・サリチル酸 高校化学で頻出の芳香族カルボン酸は安息香酸とサリチル酸の2つ...
【保存版】フェノール類の名称・製法・性質・反応まとめ!!
フェノール類とは フェノール類とはベンゼン環の水素H原子がヒドロキシ基(-OH)で置換されたものである。 スポンサーリンク フェノール類の名称 フェノール類はアルコールと同様に語尾が「オール(ol)」になる。 フェノールの製法 クメン法(現...
アルキルベンゼン(トルエン・キシレン)の構造・製法・反応
アルキルベンゼンとは アルキルベンゼンとはベンゼンにアルキル基(メチル基-CH3・エチル基-CH2CH3など)が置換した化合物である。今回はアルキルベンゼンの中でも特に重要であるトルエンとキシレンについて説明していこうと思う。 スポンサーリ...
ベンゼンの構造・製法・反応
ベンゼンとは ベンゼンとは分子式C6H6で表される正六角形の環状化合物である。 スポンサーリンク ベンゼンの特徴 ・共鳴をする ・すべての原子が同一平面上に存在している ・安定な環のため付加反応よりも置換反応の方が起こりやすく開環しにくい ...