KIMIKA!|基礎から学ぶ高校化学

反応

Tagged
芳香族アミン(アニリン)の構造・製法・性質・反応
芳香族アミンとは 芳香族アミンとはベンゼン環にアミノ基(-NH2)が付いた化合物のことである。 高校化学で出てくる芳香族アミンの9割はアニリンであるため今回はアニリンに特化して説明していこうと思う。 スポンサーリンク アニリンの製法 アニリ...
芳香族カルボン酸(安息香酸・サリチル酸)の構造・製法・性質・反応
芳香族カルボン酸とは 芳香族カルボン酸とはベンゼン環にカルボキシ基(-COOH)が置換した化合物のことである。 スポンサーリンク 芳香族カルボン酸の種類 ・安息香酸 ・サリチル酸 高校化学で頻出の芳香族カルボン酸は安息香酸とサリチル酸の2つ...
【保存版】フェノール類の名称・製法・性質・反応まとめ!!
フェノール類とは フェノール類とはベンゼン環の水素H原子がヒドロキシ基(-OH)で置換されたものである。 スポンサーリンク フェノール類の名称 フェノール類はアルコールと同様に語尾が「オール(ol)」になる。 フェノールの製法 クメン法(現...
アルキルベンゼン(トルエン・キシレン)の構造・製法・反応
アルキルベンゼンとは アルキルベンゼンとはベンゼンにアルキル基(メチル基-CH3・エチル基-CH2CH3など)が置換した化合物である。今回はアルキルベンゼンの中でも特に重要であるトルエンとキシレンについて説明していこうと思う。 スポンサーリ...
ベンゼンの構造・製法・反応
ベンゼンとは ベンゼンとは分子式C6H6で表される正六角形の環状化合物である。 スポンサーリンク ベンゼンの特徴 ・共鳴をする ・すべての原子が同一平面上に存在している ・安定な環のため付加反応よりも置換反応の方が起こりやすく開環しにくい ...
カルボン酸とエステルの構造・命名法・性質・製法・各種反応まとめ
カルボン酸とは カルボン酸とはカルボキシ基(-COOH)をもつ化合物のことだ。 スポンサーリンク カルボン酸の名称 カルボン酸の名称はほぼ全て慣用名である。ここでは代表的なカルボン酸の名称を紹介しておこう。 *カルボン酸の「価数」はカルボキ...
【完全版】アルデヒドとケトンの違いからそれぞれの命名法や製法、反応について完全まとめ!!
アルデヒドとは アルデヒドとはアルデヒド基(-CHO)を持つ化合物のことだ。 スポンサーリンク アルデヒドの名称 アルデヒドは慣用名で呼ばれることがほとんど。従って、ここでは代表的なアルデヒドの慣用名を紹介しておこうと思う。 アルデヒドの製...
【保存版】アルコールとエーテルの違いからそれぞれの命名法や製法、反応について完全まとめ!!
アルコールとは アルコールとは炭化水素にヒドロキシ基(-OH)が結合したもののことだ。 スポンサーリンク アルコールの命名法 アルコールの命名法は上の通り。 今回は次の2つのアルコールを例に説明していこう。 STEP1 主鎖の炭素数を見て、...
酸性酸化物・塩基性酸化物・両性酸化物の違いを徹底解説!〜定義からそれぞれの酸・塩基との反応まで〜
はじめに 酸化物は、酸性酸化物・塩基性酸化物・両性酸化物の3種類に分けることができる。 それぞれの酸化物が一体どういうもので、酸や塩基とどのように反応するのか考えていこう。 スポンサーリンク 酸性酸化物 非金属の酸化物のうち、「塩基と反応す...
2族元素(アルカリ土類金属・Mg)の色や炎色反応・水との反応など特徴・性質まとめ!
2族元素の単体 まずは、2族の単体に関する以下の情報を暗記しよう。    Mg Ca Sr Ba 炎色反応 × 橙色 紅色 黄緑色 H2Oとの反応 熱水と反応 冷水と反応 冷水と反応 冷水と反応 SO42-との反応 沈殿なし CaSO4(白...