はじめに

このページでは糖類のざっくりとした分類を紹介していく。細かい内容を学ぶ前に全体像を掴んでおこう。

糖類の分類

糖類 具体例
単糖類 ・グルコース(ブドウ糖)
・ガラクトース
・フルクトース(果糖)
二糖類 ・マルトース(麦芽糖)
・ラクトース(乳糖)
・スクロース(ショ糖)
・セロビオース
多糖類 ・デンプン
・グリコーゲン
・セルロース

植物の光合成によってつくられるデンプンやセルロースなどは、いずれも(C6H10O5)nで表され、加水分解すると分子式C6H12O6のグルコース(ブドウ糖)や分子式C12H22O11のマルトース(麦芽糖)などを生じる。これらの化合物のように、一般式Cn(H2O)mで表され、分子中に多数の水酸基を有するアルデヒドおよびケトンを糖類(又は炭水化物)という。

糖類のうち、グルコース(ブドウ糖)のようにこれ以上加水分解されないものを単糖類、加水分解すると2コの単糖類を生じるものを二糖類、加水分解すると多くの単糖類を生じるものを多糖類という。

PLUS+

加水分解により単糖類を2コ〜10コ程度生じるものをオリゴ糖という。

オリゴ糖は生成する単糖の数によって二糖類、三糖類、十糖類などに分類される。

関連:有機化学、まとめました。

数多くの要望にお応えし、化学のグルメオリジナル「有機化学攻略セット」を作成しました!

CHEM ZINE(有機化学 ver.)+有機化学ドリルの組み合わせで大学入試や定期テストで頻出の有機化学暗記事項を一通りマスターできるセットとなっています。詳細は【公式】有機化学攻略セットにて!


スポンサーリンク