【プロ講師解説】このページでは『糖類のざっくりとした分類』について解説しています。解説は高校化学・化学基礎を扱うウェブメディア『化学のグルメ』を通じて6年間大学受験に携わるプロの化学講師が執筆します。


スポンサーリンク

糖類の分類

糖類 具体例
単糖類 ・グルコース(ブドウ糖)
・ガラクトース
・フルクトース(果糖)
二糖類 ・マルトース(麦芽糖)
・ラクトース(乳糖)
・スクロース(ショ糖)
・セロビオース
多糖類 ・デンプン
・グリコーゲン
・セルロース

植物の光合成によってつくられるデンプンやセルロースなどは、いずれも(C6H10O5)nで表され、加水分解すると分子式C6H12O6のグルコース(ブドウ糖)や分子式C12H22O11のマルトース(麦芽糖)などを生じる。これらの化合物のように、一般式Cn(H2O)mで表され、分子中に多数の水酸基を有するアルデヒドおよびケトンを糖類(又は炭水化物)という。

糖類のうち、グルコース(ブドウ糖)のようにこれ以上加水分解されないものを単糖類、加水分解すると2コの単糖類を生じるものを二糖類、加水分解すると多くの単糖類を生じるものを多糖類という。

PLUS+

加水分解により単糖類を2コ〜10コ程度生じるものをオリゴ糖という。

オリゴ糖は生成する単糖の数によって二糖類、三糖類、十糖類などに分類される。

関連:紙の本に、なりました。

化学のグルメオンラインストアで販売していた「有機化学ドリル」が"紙の本"になりました。解答・解説編には大学入試頻出事項が網羅的にまとまっています。詳細は【公式】有機化学ドリルにて!


スポンサーリンク