スポンサーリンク

一問一答

問1

ベンゼン環にアミノ基(-NH2)が付いた化合物を【1】という。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:【1】芳香族アミン

芳香族アミンについて詳しくは「芳香族アミン(アニリン)の構造・製法・性質・反応」を確認しよう。

問2

代表的な芳香族アミンであるアニリンは、ベンゼンをスタートとして【1】や【2】を介して生成される。
【問2】解答/解説:タップで表示
解答:【1】ニトロベンゼン【2】アニリン塩酸塩

芳香族アミンについて詳しくは「芳香族アミン(アニリン)の構造・製法・性質・反応」を確認しよう。

問3

アニリンはアミノ基(-NH2)を持つため【1】性物質である。
【問3】解答/解説:タップで表示
解答:【1】弱塩基

芳香族アミンについて詳しくは「芳香族アミン(アニリン)の構造・製法・性質・反応」を確認しよう。

問4

アニリンは塩酸HClと酸塩基反応を起こし【1】を生じる。
【問4】解答/解説:タップで表示
解答:【1】アニリン塩酸塩

芳香族アミンについて詳しくは「芳香族アミン(アニリン)の構造・製法・性質・反応」を確認しよう。

問5

アニリン塩酸塩を強塩基であるNaOHと反応させると、弱塩基である【1】が遊離する。
【問5】解答/解説:タップで表示
解答:【1】アニリン

この反応は弱塩基遊離反応の1種である。

弱塩基遊離反応について詳しくは「弱酸・弱塩基遊離反応」を確認しよう。

問6

アニリンを無水酢酸(CH3CO)2Oと反応させると【1】が生成する。【1】は白色の結晶で、かつて解熱鎮痛剤として用いられていた。しかし副作用(【2】作用)をもつため現在はあまり使用されておらず【3】などで代用されている。
【問6】解答/解説:タップで表示
解答:【1】アセトアニリド【2】溶血【3】アセトアミノフェン

芳香族アミンについて詳しくは「芳香族アミン(アニリン)の構造・製法・性質・反応」を確認しよう。

問7

アニリンに希塩酸HClと亜硝酸ナトリウムNaNO2を加えて5℃以下に保ったまま反応させると、ジアゾ基(-N+≡N)をもつ【1】が生成する。この反応をアニリンの【2】化という。
【問7】解答/解説:タップで表示
解答:【1】塩化ベンゼンジアゾニウム【2】ジアゾ

芳香族アミンについて詳しくは「芳香族アミン(アニリン)の構造・製法・性質・反応」を確認しよう。

問8

ジアゾニウム塩は不安定であるため、5℃以上に加熱すると分解し【1】の発生とともに【2】が生成する。
【問8】解答/解説:タップで表示
解答:【1】窒素N2【2】フェノール

芳香族アミンについて詳しくは「芳香族アミン(アニリン)の構造・製法・性質・反応」を確認しよう。

問9

温度を5℃以下の低温に保ったまま塩化ベンゼンジアゾニウムにNaOHaqを加えて塩基性にし、(フェノール由来の)ナトリウムフェノキシドと反応させると【1】と呼ばれる反応が起こる。この時生成する【2】は赤橙色をしており合成染料として用いられる。
【問9】解答/解説:タップで表示
解答:【1】ジアゾカップリング【2】p-ヒドロキシアゾベンゼン

芳香族アミンについて詳しくは「芳香族アミン(アニリン)の構造・製法・性質・反応」を確認しよう。

問10

アニリンにさらし粉CaCl(ClO)・H2O水溶液を加えると【1】色になる。また、アニリンにニクロム酸カリウムK2Cr2O7を加えると【2】と呼ばれる黒色沈殿が生じる。
【問10】解答/解説:タップで表示
解答:【1】紫【2】アニリンブラック

芳香族アミンについて詳しくは「芳香族アミン(アニリン)の構造・製法・性質・反応」を確認しよう。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

MAIN


SNS


OTHER