スポンサーリンク

一問一答

問1

水は電離して【1】(H+)と【2】(OH)を生じる。
\[
H_{2}O ⇄ H^{+} + OH^{-}
\] 水の電離度は25℃でα=1.8×10-9と極めて【3】いので、電離している水分子はごく僅かである。また、(反応式の係数から)H+とOHは等量生じるので、水中のH+とOHのモル濃度は等しくなっている。

H+とOHのモル濃度はそれぞれ【4】、【5】と呼ばれ、【6】、【7】と表される。ちなみに、25℃では、【6】、【7】はいずれも1.0×10-7(mol/L)である。

以上より、25℃における【6】と【7】の積は1.0×10-14(mol/L)2となり、この数値のことを【8】という。

【問1】解答/解説:タップで表示
解答:【1】水素イオン【2】水酸化物イオン【3】小さ【4】水素イオン濃度【5】水酸化物イオン濃度【6】[H+]【7】[OH]【8】水のイオン積(Kw

水のイオン積について詳しくは「水のイオン積とは?定義からpHとの関係まで紹介!」を確認しよう。

問2

水のイオン積Kwは【1】が一定のとき一定の値となる。
【問2】解答/解説:タップで表示
解答:【1】温度

水のイオン積について詳しくは「水のイオン積とは?定義からpHとの関係まで紹介!」を確認しよう。

問3

水溶液の水素イオン濃度[H+]は極めて小さい値となるため[H+]を10-n(mol/L)で表し、このnを【1】という。
【問3】解答/解説:タップで表示
解答:【1】水素イオン指数(pH)

pHについて詳しくはpHとは?定義から6つの公式、その導出まで徹底解説!を確認しよう。

問4

pHは酸・塩基の強さを表す指標として用いられ、溶液の性質は、pH=7のときは【1】、pHが7より小さいときは【2】、pHが7より大きいときは【3】となる。
【問4】解答/解説:タップで表示
解答:【1】中性【2】酸性【3】塩基性

pHについて詳しくはpHとは?定義から6つの公式、その導出まで徹底解説!を確認しよう。

問5

溶液に酸を加えると、溶液のpHは【1】くなり、塩基を加えると【2】くなる。
【問5】解答/解説:タップで表示
解答:【1】小さ【2】大き

pHについて詳しくはpHとは?定義から6つの公式、その導出まで徹底解説!を確認しよう。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

MAIN


SNS


OTHER