スポンサーリンク

一問一答

問1

弱酸を含む塩と強酸を反応させると、強酸を含む塩と弱酸が生成(遊離)する。このように塩の状態から弱酸を遊離させる反応を【1】という。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:【1】弱酸遊離反応

弱酸遊離反応について詳しくは「弱酸・弱塩基遊離反応」を確認しよう。

問2

弱酸を含む塩である炭酸ナトリウムNa2CO3と強酸である塩酸HClを反応させると弱酸である【1】が遊離する。
【問2】解答/解説:タップで表示
解答:【1】炭酸H2CO3

Na2CO3+2HCl→2NaCl+H2CO3(CO2+H2O)

H2CO3はすぐにCO2とH2Oに分解する。

弱酸遊離反応について詳しくは「弱酸・弱塩基遊離反応」を確認しよう。

問3

弱塩基を含む塩と強塩基を反応させると、強塩基を含む塩と弱塩基が生成する。このように塩の状態から弱塩基を遊離させる反応を【1】という。
【問3】解答/解説:タップで表示
解答:【1】弱塩基遊離反応

弱塩基遊離反応について詳しくは「弱酸・弱塩基遊離反応」を確認しよう。

問4

弱塩基を含む塩である塩化アンモニウムNH4Clと強塩基であるCa(OH)2を反応させると【1】が遊離する。
【問4】解答/解説:タップで表示
解答:【1】アンモニアNH3

NH4Cl+Ca(OH)2→CaCl2+2NH3+2H2O

弱塩基遊離反応について詳しくは「弱酸・弱塩基遊離反応」を確認しよう。


スポンサーリンク

関連:計算ドリル、作りました。

化学のグルメオリジナル計算問題集「理論化学ドリルシリーズ」を作成しました!

モル計算や濃度計算、反応速度計算など入試頻出の計算問題を一通りマスターできるシリーズとなっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


スポンサーリンク