スポンサーリンク

一問一答

問1

一般式CnH2n-2(n≧2)で表される、分子内に炭素炭素三重結合(C≡C)を1つ持つ鎖式不飽和炭化水素を【1】という。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:【1】アルキン

アルキンについて詳しくは「【保存版】アルキンの重要事項まとめ!一覧から製法、付加重合、置換反応まで徹底解説!!」を確認しよう。

問2

n 分子式 一般名 慣用名
2 C2H2 エチン 【1】
3 C3H4 プロピン 【2】
4 【3】 ブチン なし
5 C5H8 【4】 なし
6 C6H10 【5】 なし
【問2】解答/解説:タップで表示
解答:以下参照
n 分子式 一般名 慣用名
2 C2H2 エチン アセチレン
3 C3H4 プロピン メチルアセチレン
4 C4H6 ブチン なし
5 C5H8 ペンチン なし
6 C6H10 ヘキシン なし

アルキンについて詳しくは「【保存版】アルキンの重要事項まとめ!一覧から製法、付加重合、置換反応まで徹底解説!!」を確認しよう。

問3

アセチレンを実験室内で作る際は【1】に水H2Oを加える。
【問3】解答/解説:タップで表示
解答:【1】炭化カルシウムCaC2(カーバイド)

アセチレンの製法について詳しくは「【保存版】アルキンの重要事項まとめ!一覧から製法、付加重合、置換反応まで徹底解説!!」を確認しよう。

問4

アセチレンに【1】色であるBr2を付加するとその色が消え【2】色となる。この反応は炭素炭素三重結合の検出反応として用いられる。
【問4】解答/解説:タップで表示
解答:【1】赤褐【2】無

アセチレンへの臭素付加について詳しくは「【保存版】アルキンの重要事項まとめ!一覧から製法、付加重合、置換反応まで徹底解説!!」を確認しよう。

問5

アセチレンに塩化水素HClが付加したものを【1】、それが重合したものを【2】という。
【問5】解答/解説:タップで表示
解答:【1】塩化ビニル【2】ポリ塩化ビニル

付加重合について詳しくは「【保存版】アルキンの重要事項まとめ!一覧から製法、付加重合、置換反応まで徹底解説!!」を確認しよう。

問6

アセチレンに酢酸CH3COOHが付加したものを【1】、それが重合したものを【2】という。
【問6】解答/解説:タップで表示
解答:【1】酢酸ビニル【2】ポリ酢酸ビニル

付加重合について詳しくは「【保存版】アルキンの重要事項まとめ!一覧から製法、付加重合、置換反応まで徹底解説!!」を確認しよう。

問7

アセチレンにシアン化水素HCNが付加したものを【1】、それが重合したものを【2】という。
【問7】解答/解説:タップで表示
解答:【1】アクリロニトリル【2】ポリアクリロニトリル

付加重合について詳しくは「【保存版】アルキンの重要事項まとめ!一覧から製法、付加重合、置換反応まで徹底解説!!」を確認しよう。

問8

アセチレンが三分子重合すると【1】が生成する。この反応には触媒として【1】が用いられる。
【問8】解答/解説:タップで表示
解答:【1】ベンゼン【2】鉄Fe

アセチレンの三分子重合について詳しくは「【保存版】アルキンの重要事項まとめ!一覧から製法、付加重合、置換反応まで徹底解説!!」を確認しよう。

問9

アルキンにアンモニア性硝酸銀水溶液([Ag(NH3)2+)を加えると【1】の白色沈殿が生成する。この反応は炭素炭素三重結合(C≡C)の検出反応として用いられている。
【問9】解答/解説:タップで表示
解答:【1】銀アセチリド

アルキンの置換反応について詳しくは「【保存版】アルキンの重要事項まとめ!一覧から製法、付加重合、置換反応まで徹底解説!!」を確認しよう。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

MAIN


SNS


OTHER