スポンサーリンク

一問一答

問1

電極で変化するイオンの物質量(mol)は流れた電気量(C)に比例する。これを【1】の法則という。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:【1】ファラデー

ファラデーの法則について詳しくは【ファラデーの法則】電気量計算の公式・解き方を例題を使って解説!を確認しよう。

問2

1クーロン(C)は1アンペア(A)の電流が1【1】間流れた時の電気量である。
【問2】解答/解説:タップで表示
解答:【1】秒

\[
\mathrm{ 電気量(C) = 電流(A) × 時間(秒) }
\]

電気量について詳しくは【ファラデーの法則】電気量計算の公式・解き方を例題を使って解説!を確認しよう。

問3

1【1】は電子1molのもつ電気量である。
【問3】解答/解説:タップで表示
解答:【1】ファラデー(F)

\[
\mathrm{ 電気量(F) = 9.65 × 10^{4}(c/mol) }
\]

この9.65×104という数値はファラデー定数と呼ばれている。
電気量について詳しくは【ファラデーの法則】電気量計算の公式・解き方を例題を使って解説!を確認しよう。

問4

5Aの電流を3860秒間流したときに流れた電気量は【1】Cである。また、そのときに流れた電子eの物質量は【2】molである。
【問4】解答/解説:タップで表示
解答:【1】19300【2】0.2

問題文に電流(A)と時間(秒)が書かれているので、まずはそれを使って流れた電気量(C)を求める。

\[
\mathrm{ 5(A)×3860(秒)=19300(C) }
\] 次に、求めた電気量とファラデー定数を用いて流れた電子eのmolを求める。
\[
\mathrm{ \begin{align}
e^{-}(mol)&=\frac{ 19300(C) }{ 9.65×10^{4}(C/mol) }\\
&=0.2
\end{align} }
\] 電気量計算について詳しくは【ファラデーの法則】電気量計算の公式・解き方を例題を使って解説!を確認しよう。

問5

次の反応において、9650(C)の電気量を使用したときに流れた電子eの物質量は【1】molである。また、そのとき析出した銅Cuの質量は【2】gである。ただし、Cu=64とする。

Cu2+ + 2e → Cu

【問5】解答/解説:タップで表示
解答:【1】0.1【2】3.2

まずは、電気量とファラデー定数を用いて流れた電子eのmolを求める。
\[
\mathrm{ \begin{align}
e^{-}(mol)&=\frac{ 9650(C) }{ 9.65×10^{4}(C/mol) }\\
&=0.1
\end{align} }
\] 次に、反応量計算を行い、銅の析出量を求める。

\[
2:64=0.1:x\\
\leftrightarrow x=3.2(g)
\] 電気量計算について詳しくは【ファラデーの法則】電気量計算の公式・解き方を例題を使って解説!を確認しよう。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

MAIN


SNS


OTHER