スポンサーリンク

一問一答

問1

炭化水素にヒドロキシ基(-OH)が結合したものを【1】という。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:【1】アルコール

アルコールについて詳しくは「【保存版】アルコールとエーテルの違いからそれぞれの命名法や製法、反応について完全まとめ!!」を確認しよう。

問2

アルコール分子内に存在するヒドロキシ基(-OH)の数をアルコールの【1】という。
【問2】解答/解説:タップで表示
解答:【1】価数

アルコールの価数について詳しくは「【保存版】アルコールとエーテルの違いからそれぞれの命名法や製法、反応について完全まとめ!!」を確認しよう。

問3

ヒドロキシ基(-OH)が付いている炭素に繋がっている炭素の数をアルコールの【1】という。
【問3】解答/解説:タップで表示
解答:【1】級数


アルコールの級数について詳しくは「【保存版】アルコールとエーテルの違いからそれぞれの命名法や製法、反応について完全まとめ!!」を確認しよう。

問4

アルコールはアルケンに【1】を付加させることで生成する。
【問4】解答/解説:タップで表示
解答:【1】水H2O

アルコールの製法について詳しくは「【保存版】アルコールとエーテルの違いからそれぞれの命名法や製法、反応について完全まとめ!!」を確認しよう。

問5

一酸化炭素COと水素H2を反応させることで【1】が生成する。
【問5】解答/解説:タップで表示
解答:【1】メタノール

アルコールの製法について詳しくは「【保存版】アルコールとエーテルの違いからそれぞれの命名法や製法、反応について完全まとめ!!」を確認しよう。

問6

グルコースC6H12O6を発酵させると【1】が生成する。
【問6】解答/解説:タップで表示
解答:【1】エタノール

アルコールの製法について詳しくは「【保存版】アルコールとエーテルの違いからそれぞれの命名法や製法、反応について完全まとめ!!」を確認しよう。

問7

アルコールは親水基(水と親和性が高い官能基)である【1】基を持つため、炭素数が1コ〜3コくらいまでだと水によく溶ける。また、【1】基のOと、近くの【1】基のHが【2】結合を形成することにより分子間の結合が強固になっており、それ故、異性体であるエーテルと比較してアルコールの沸点は【3】くなっている。
【問7】解答/解説:タップで表示
解答:【1】ヒドロキシ【2】水素【3】高

アルコールの性質について詳しくは「【保存版】アルコールとエーテルの違いからそれぞれの命名法や製法、反応について完全まとめ!!」を確認しよう。

問8

アルコールはアルカリ金属であるナトリウムNaと反応し【1】となる。この時、【2】が発生するのでこの反応はヒドロキシ基(-OH)の検出反応として用いられる。
【問8】解答/解説:タップで表示
解答:【1】ナトリウムアルコキシド【2】水素H2

アルコールの反応について詳しくは「【保存版】アルコールとエーテルの違いからそれぞれの命名法や製法、反応について完全まとめ!!」を確認しよう。

問9

脱水作用をもつ【1】を触媒としてアルコールを加熱脱水すると、【2】が生成する。
【問9】解答/解説:タップで表示
解答:【1】濃硫酸H2SO4【2】アルケン

アルコールの反応について詳しくは「【保存版】アルコールとエーテルの違いからそれぞれの命名法や製法、反応について完全まとめ!!」を確認しよう。

問10

2-ブタノールを加熱脱水した場合、主生成物となるのは【1】である。
【問10】解答/解説:タップで表示
解答:【1】2-ブテン

2-ブタノールの脱水反応について詳しくは「【保存版】アルコールとエーテルの違いからそれぞれの命名法や製法、反応について完全まとめ!!」を確認しよう。

問11

エタノールC2H5OHを加熱脱水する場合、160℃以上だと【1】が、130〜140℃だと【2】が生成する。
【問11】解答/解説:タップで表示
解答:【1】エテン(エチレン)【2】ジエチルエーテル

エタノールの脱水反応について詳しくは「【保存版】アルコールとエーテルの違いからそれぞれの命名法や製法、反応について完全まとめ!!」を確認しよう。

問12

アルコールの【1】反応は硫酸酸性KMnO4か硫酸酸性K2Cr2O7を試薬として用いて行われる。
【問12】解答/解説:タップで表示
解答:【1】酸化

アルコールの酸化反応について詳しくは「【保存版】アルコールとエーテルの違いからそれぞれの命名法や製法、反応について完全まとめ!!」を確認しよう。

問13

第一級アルコールを酸化すると、一段階目で【1】が、二段階目で【2】が生成する。
【問13】解答/解説:タップで表示
解答:【1】アルデヒド【2】カルボン酸

アルコールの酸化反応について詳しくは「【保存版】アルコールとエーテルの違いからそれぞれの命名法や製法、反応について完全まとめ!!」を確認しよう。

問14

第二級アルコールを酸化すると、【1】が生成する。
【問14】解答/解説:タップで表示
解答:【1】ケトン

アルコールの酸化反応について詳しくは「【保存版】アルコールとエーテルの違いからそれぞれの命名法や製法、反応について完全まとめ!!」を確認しよう。

問15

エーテル結合(R-O-R‘)を持つ化合物を【1】という。
【問15】解答/解説:タップで表示
問16

エーテルはアルコールと「原子の種類とその数」が一緒であるため、アルコールの【1】と考えることができる。
【問16】解答/解説:タップで表示
問17

エーテルは(異性体であるアルコールと比べて)反応性が極めて【1】い。従って、アルコールと異なり脱水反応や酸化反応がほとんど起こらない。
【問17】解答/解説:タップで表示


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

MAIN


SNS


OTHER