【プロ講師解説】化学のグルメでは、高校化学・化学基礎の一問一答を掲載しています。解説は高校化学・化学基礎を扱うウェブメディア『化学のグルメ』を通じて6年間大学受験に携わるプロの化学講師が執筆します。一問一答コンテンツ一覧は化学のグルメ『高校化学・化学基礎一問一答コンテンツ一覧』をご覧下さい。

一問一答

問1

【】に当てはまる用語を答えよ。

原子が共有電子対を自分の方に引っ張る強さを【1】という。

【問1】解答/解説:タップで表示
解答:【1】電気陰性度
共有電子対を引きつける力
Point!

異なる2つの原子が結合するとき、お互いが電子を1コずつ出し合い共有電子対を形成する。

このとき、原子が共有電子対を自分の方に引っ張る強さを電気陰性度という。電気陰性度が高い原子がより強く共有電子対を自分側に引き寄せる。

※電気陰性度について詳しくは電気陰性度(表・覚え方・一覧・電子親和力との関係など)を参照

問2

【】に当てはまる用語を答えよ。

周期表で第二周期以下の元素について、(希ガスを除き)同一周期内では右にいくほど電気陰性度は【1】くなり、同族では下にいくほど電気陰性度が【2】くなる。つまり、基本的に電気陰性度は周期表上で右上にいくほど【3】くなる傾向がある。

【問2】解答/解説:タップで表示
解答:【1】大き【2】小さ【3】大き

周期表の左下に存在する元素(金属元素が多い)ほど陽性が強く、電子を放出しようとするため、電気陰性度は小さくなる。

※電気陰性度について詳しくは電気陰性度(表・覚え方・一覧・電子親和力との関係など)を参照

問3

【】に当てはまる用語を答えよ。

周期表の左下にある元素ほど電気陰性度は【1】く、【2】性が強いため、【3】イオンになりやすい。右上にある元素ほど電気陰性度は【4】く、【5】性が強いため、【6】イオンになりやすい。

【問3】解答/解説:タップで表示
解答:【1】小さ【2】陽【3】陽【4】大き【5】陰【6】陰

※電気陰性度について詳しくは電気陰性度(表・覚え方・一覧・電子親和力との関係など)を参照

問4

【】に当てはまる用語を答えよ。

電気陰性度の周期表上での傾向を表すグラフとして適切なのは【1】である。

(1)

(2)

(3)

【問4】解答/解説:タップで表示
解答:【1】(3)

(1)は第一イオン化エネルギー、(2)は電子親和力のグラフである。

※第一イオン化エネルギーについて詳しくは第一イオン化エネルギー(周期表での最大最小・グラフ・電子親和力との違いなど)を参照
※電子親和力について詳しくは電子親和力(周期表上での最大最小・グラフ・希ガスやハロゲンの場合など)を参照
※電気陰性度について詳しくは電気陰性度(表・覚え方・一覧・電子親和力との関係など)を参照

問5

【】に当てはまる用語を答えよ。

同じ原子同士の共有結合では、共有電子対は両原子の真ん中に存在している。
一方、異なる原子同士の共有結合では、共有電子対は【1】の大きい原子の方に偏って存在している。
このような結合内での電荷の偏りを【2】といい、分子内に【2】がある分子を【3】、【2】がない分子を【4】という。

【問5】解答/解説:タップで表示
解答:【1】電気陰性度【2】極性【3】極性分子【4】無極性分子

※電気陰性度について詳しくは電気陰性度(表・覚え方・一覧・電子親和力との関係など)を参照
※極性について詳しくは極性(分子の形との関係・見分け方・例・打ち消しなど)を参照

関連:計算ドリル、作りました。

化学のグルメオリジナル計算問題集「理論化学ドリルシリーズ」を作成しました!

モル計算や濃度計算、反応速度計算など入試頻出の計算問題を一通りマスターできるシリーズとなっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


著者プロフィール

・化学のグルメ運営代表
・高校化学講師
・薬剤師
・デザイナー/イラストレーター

数百名の個別指導経験あり(過去生徒合格実績:東京大・京都大・東工大・東北大・筑波大・千葉大・早稲田大・慶應義塾大・東京理科大・上智大・明治大など)
2014年よりwebメディア『化学のグルメ』を運営
公式オンラインストアで販売中の理論化学ドリルシリーズ・有機化学ドリル等を執筆

著者紹介詳細