スポンサーリンク

一問一答

問1

原子が共有電子対を自分の方に引っ張る強さのことを【1】という。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:【1】電気陰性度

電気陰性度について詳しくは「電気陰性度とは?周期表での傾向から極性との関係、求め方、希ガスの値まで!」を確認しよう。

問2

周期表で第二周期以下の元素について、(希ガスを除き)同一周期内では右にいくほど電気陰性度は【1】くなり、同族では下にいくほど電気陰性度が【2】くなる。つまり、基本的に電気陰性度は周期表上で右上にいくほど【3】くなる傾向がある。
【問2】解答/解説:タップで表示
解答:【1】大き【2】小さ【3】大き

電気陰性度は同周期では右側に、同族では上側に行くにしたがって大きくなる(多少例外があるが全体的な傾向としてこれで覚えておけば問題ない)。
これは、第一イオン化エネルギーと電子親和力が右上に行くにしたがって大きくなるためである。(上でやったように電気陰性度は第一イオン化エネルギーと電子親和力の和に比例する)

電気陰性度について詳しくは「電気陰性度とは?周期表での傾向から極性との関係、求め方、希ガスの値まで!」を確認しよう。

問3

周期表の左下にある元素ほど電気陰性度は【1】く、【2】性が強いため、【3】イオンになりやすい。右上にある元素ほど電気陰性度は【4】く、【5】性が強いため、【6】イオンになりやすい。
【問3】解答/解説:タップで表示
解答:【1】小さ【2】陽【3】陽【4】大き【5】陰【6】陰

電気陰性度について詳しくは「電気陰性度とは?周期表での傾向から極性との関係、求め方、希ガスの値まで!」を確認しよう。

問4

電気陰性度の周期表上での傾向を表すグラフとして適切なのは【1】である。

(1)

(2)

(3)

【問4】解答/解説:タップで表示
解答:【1】(3)

(1)は電気陰性度、(2)は電子親和力のグラフである。

第一イオン化エネルギーについて詳しくは「第一イオン化エネルギーとは?周期表での最大最小、グラフ、電子親和力との違い!」、電子親和力については「電子親和力とは?定義から大きさを表すグラフ、希ガスやハロゲンの場合まで解説!」、電気陰性度については「電気陰性度とは?周期表での傾向から極性との関係、求め方、希ガスの値まで!」を確認しよう。

問5

同じ原子同士の共有結合では、共有電子対は両原子の真ん中に存在している。一方、異なる原子同士の共有結合では、共有電子対は【1】の大きい原子の方に偏って存在している。このような結合内での電荷の偏りを【2】といい、分子内に【2】がある分子を【3】、【2】がない分子を【4】という。
【問5】解答/解説:タップで表示
解答:【1】電気陰性度【2】極性【3】極性分子【4】無極性分子

電気陰性度が大きい方の原子(ここではCl)は共有電子対を自分の方に引っ張るため電荷がやや負に偏る(これをδと表す)。反対に、電気陰性度が小さい方の原子(ここではH)は電荷がやや正に偏る(δ+)。このように極性は電気陰性度が原因となって生じる。

電気陰性度について詳しくは「電気陰性度とは?周期表での傾向から極性との関係、求め方、希ガスの値まで!」を確認しよう。
極性について詳しくは「極性とは?定義から分子の形との関わり、打ち消しなど例を用いて解説!」を確認しよう。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

MAIN


SNS


OTHER