スポンサーリンク

一問一答

問1

生体内の多くの反応において触媒として機能するタンパク質を【1】という。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:【1】酵素
問2

酵素の構造の中で、触媒作用を示す特定の部位を【1】といい、この部分で反応相手(【2】)と結合し【3】をつくる。
【問2】解答/解説:タップで表示
解答:【1】活性部位(活性中心)【2】基質【3】酵素-基質複合体
問3

各酵素が反応する基質の種類は決まっており、これを【1】という。
【問3】解答/解説:タップで表示
解答:【1】基質特異性
問4

酵素が最もよく働く温度を【1】、最もよく働くpHを【2】という。
【問4】解答/解説:タップで表示
解答:【1】最適温度【2】最適pH
問5

酵素はタンパク質でできているため、高温になると変性し、触媒作用を失う。これを【1】という。
【問5】解答/解説:タップで表示
解答:【1】失活


関連:計算ドリル、作りました。

化学のグルメオリジナル計算問題集「理論化学ドリルシリーズ」を作成しました!

モル計算や濃度計算、反応速度計算など入試頻出の計算問題を一通りマスターできるシリーズとなっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


著者プロフィール

・化学のグルメ運営代表
・高校化学講師
・薬剤師
・デザイナー/イラストレーター

数百名の個別指導経験あり(過去生徒合格実績:東京大・京都大・東工大・東北大・筑波大・千葉大・早稲田大・慶應義塾大・東京理科大・上智大・明治大など)
2014年よりwebメディア『化学のグルメ』を運営
公式オンラインストアで販売中の理論化学ドリルシリーズ・有機化学ドリル等を執筆

著者紹介詳細