スポンサーリンク

一問一答

問1

反応速度に影響を与える要因は主に【1】・【2】・【3】の3つである。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:【1】濃度【2】温度【3】触媒

反応速度が変化する要因について詳しくは「反応速度が変化する要因」を確認しよう。

問2

化学反応が起こるには、分子同士が衝突する必要がある。濃度を【1】くすると分子同士の衝突回数が増えるので、反応速度も大きくなる。
【問2】解答/解説:タップで表示
解答:【1】大き

反応速度が変化する要因について詳しくは「反応速度が変化する要因」を確認しよう。

問3

温度が上昇することで、【1】の大きな分子の割合が増加する。これは【2】以上のエネルギーをもつ分子の割合が増加すると考えることができるので、温度が上昇すると反応速度は大きくなる。
【問3】解答/解説:タップで表示
解答:【1】運動エネルギー【2】活性化エネルギー

反応速度が変化する要因について詳しくは「反応速度が変化する要因」を確認しよう。

問4

触媒を加えると、【1】が低下する。【1】は「反応が進行するためにはこれ以上のエネルギーにならなくては」というエネルギーなので、これが低下すると反応が簡単に進行することになり、反応速度は増加する。また、触媒を加えても【2】は変わらない。
【問4】解答/解説:タップで表示
解答:【1】活性化エネルギー【2】反応熱

反応速度が変化する要因について詳しくは「反応速度が変化する要因」を確認しよう。
活性化エネルギーについて詳しくは「活性化エネルギーと反応熱」を確認しよう。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

MAIN


SNS


OTHER