反応速度が変化する要因

スポンサーリンク

3つの要因

反応速度に影響を与える要因は主に3つ。

濃度/温度/触媒
Point!

これらについて順番に解説していこう。

濃度

濃度を大きくする
→分子同士の衝突回数が増える
→反応速度増加
Point!

化学反応が起こるには、分子同士が衝突する必要がある。
濃度を大きくすると分子同士の衝突回数が増えるので、反応速度も大きくなる。

温度

温度を大きくする
→ 運動エネルギーの大きな分子(活性化エネルギー以上のエネルギーをもつ分子)が増える
→ 反応速度増加
Point!

温度が上昇することで、運動エネルギーの大きな分子の割合が増加する。
これは、「活性化エネルギー以上のエネルギーをもつ分子の割合が増加する」と考えることができるので、温度が上昇すると反応速度は大きくなる。


スポンサーリンク

触媒

触媒を加える
→ 活性化エネルギーdown
→ 反応速度増加
Point!

触媒を加えると、活性化エネルギーが低下する。

活性化エネルギーというのは、「反応が進行するためにはこれ以上のエネルギーにならなくては」というエネルギーなので、これが低下すると反応が簡単に進行することになる。
従って、触媒を加えて活性化エネルギーが低下すると、反応速度は増加する。

また、触媒を加えても「反応熱」は変わらない。
これは、(反応熱=反応物と生成物のエネルギー差なので)反応物と生成物のエネルギーが変化していないことを考えると当然だね。大事なことなので、しっかり覚えておこう。


スポンサーリンク

関連:理論化学の勉強法と参考書。

理論化学はきちんとした勉強法と参考書で勉強していけば、誰しも成果を出すことができる分野。化学のグルメでは、理論化学を学ぶ上でオススメの勉強法や参考書、問題集を多く紹介している。是非自分の勉強の方針を決める参考にしてほしい。

  • 【大学受験】理論化学のオススメ勉強法・参考書・問題集を大公開!
  • 『鎌田の理論化学の講義』超人気化学参考書の使い方をレビュー。
  • 『橋爪のゼロから劇的!にわかる 理論化学の授業』初学者にオススメの参考書の使い方をレビュー。
  • 『岡野の化学が初歩からしっかり身につく』超絶人気参考書の使い方をレビュー。
  • 『【改訂版】宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)』ニュータイプの人気参考書の使い方をレビュー。
  • 化学のグルメ「【Youtube】ショートアニメーション講義」

  • スポンサーリンク

    関連:参考書、作りました。

    化学のグルメではオリジナル参考書・問題集を作成しています。現在販売しているのは「理論化学ドリルシリーズ」「無機化学攻略セット」「CHEM ZINE(化学基礎)」の三種類。詳細は以下のページにてご覧ください。


    理論化学ドリル

    無機化学セット

    化学基礎参考書

    理論化学ドリル

    無機化学セット

    化学基礎参考書

    スポンサーリンク